いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

[NEW!!]週刊ダイヤモンド2020年12月5日号の佐藤優さん(作家・元外務省主任分析官)のブックレビュー 知を磨く読書第372回 に『哲学するタネ 高校倫理が教える70章【西洋思想編①】』が取り上げられました。
f:id:markrock:20210318094556j:image

[NEW!!]「読者たちの夜会」(2021/1/14 LOFT9渋谷) 2020ベストビブリオバトル にて、哲学芸人マザーテラサワさんが『哲学するタネ―高校倫理が教える70章【西洋思想編1・2】』を取り上げてくれました。
f:id:markrock:20210318093652j:image

[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
f:id:markrock:20210704101636j:image

[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image

honto西洋哲学 1位・2位に2冊同時にランクインしました(2020/10/25付)

【書評掲載】
週刊ダイヤモンド2020年12月5日号 佐藤優さん(作家・元外務省主任分析官)のブックレビュー「知を磨く読書 第372回」

2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20210704102831j:image

ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
f:id:markrock:20210704102254j:image
「halfway to a hosono house?」 ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ 「x-bijin」、ほぼ宅録による初のアルバムは、甘美なペダルスティールにのせてダニ エルが滑らかなボーカルで歌いこなす桃源郷ポップス。遠藤賢司に捧げた「グレープ フルーツ」からして初期松本隆を思わせる日本語の美しさが際立つのはなぜだろう? はっぴいえんどとポール(・マッカートニー)が産み落としたタネは、ジム(・オルーク )と出会ったペンシルヴァニアで果実となり、多摩産シティ・ポップのフレッシュジュ ースに姿を変えて、甘酸っぱい喉ごしと共に僕たちの前にある。(いしうらまさゆき)
詳細はココをクリック

11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20210704102608j:image

編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」

極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイドに掲載されました】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

ジョン・ブッチーノ(John Bucchino)のアルバム

*[SSW] ジョン・ブッチーノ(John Bucchino)のアルバム

 

前回取り上げたジョン・ブッチーノ(ブッキーノと読むのかもしれない?)。改めて聴き直したけれど、もう言葉にするのも野暮なくらい、素晴らしい。どんなに傷つこうとも尊厳を保つ人間の気概のようなものを感じさせる凛としたジョンの作風、ジミー・ウェッブが弾き語る”Skywriter”に近いテイストと言えば、判る人には判ってもらえるだろうか。ジョンの代表曲の”Grateful”、サウンド・オブ・ミュージックで知られるジュリー・アンドリュースと娘エマ・ウォルトン・ハミルトンがプロデュースした絵本シリーズの一冊として、アート・ガーファンクル歌唱のCD付で2003年に発表されたことも思い出される。ジュリーが手掛けたミュージカルの音楽もジョンは担当しているけれど、彼のソングライティングの魅力は、往年のミュージカルの豊饒な音楽遺産を目いっぱい吸収したリリカルでセンチメンタルなメロディと、映画を思わせるドラマティックな楽曲構成にある。多くの同業者が舌を巻いたことは言うまでもない。

 

ただ、この手のキャバレー系の出自の音楽にしばしばあるのだけれど、20年前だとゲイ/レズビアンの音楽、というジャンルに含まれていた。アメリカにはゲイ/レズビアン専門レーベルがあり、70年代にレズビアンをカミングアウトしたホリー・ニア(Holy Near)やその活動を支援したフォークの最左翼、元ウィーヴァーズ(ピート・シーガーがいた)のロニー・ギルバートらのバックでジョンはピアノを弾いていた。90~00年代初頭に脚光を浴びたあと、ジョンは順当にミュージカルの世界で羽ばたき、2006年に『It’s Only Life』を、2008年には『A Catered Affair』を音盤化している。

f:id:markrock:20220207230542j:plain

f:id:markrock:20220207230457j:plain

彼のソロ・アルバムは1985年の『On The Arrow』が初。カセットでのリリースだったため、今ではなかなか人々の耳に届かないけれど、1978~84年に書き溜めた楽曲を、弾き語りやバンドで、サラ・キンケイドとのデュエットを含めジョン自身が歌うタイムレスな仕上がり。レコーディングは3人の友人だろうか、彼らの“ガレージ”で録られたものだというのが泣ける。収録曲”Living In The Belly Of A Dinosaur”から採ったのだろう、Dinasaur Recordsからの自主リリース。

f:id:markrock:20220207230606j:plain

同じくDinasaurから1991年にリリースされたピアノ弾き語りアルバム『Solitude Lessons』は彼の代表作。手元にあるのはカセットだけれど、CDも出たし、今ならダウンロードで購入できる。ジョンのトリビュート・アルバムでアート・ガーファンクルの名唱が光った”If I Say I’m Over You”の自演もある。

f:id:markrock:20220207230557j:plain

このアルバムやトリビュート・アルバムに参加しているシンガーのブライアン・レーン・グリーンはジョンのプロデュースで1996年に『Brian Lane Green』を発表。"Grateful"だけでなく、ジョンの才能を認めていたアマンダ・マクブルームやスティブン・シュワルツの楽曲も収録。

f:id:markrock:20220207233129j:plain

さらに、同じくトリビュート盤に参加したシンガーのデヴィッド・キャンベルはジョンと旧い間柄にある。ジョンが音楽を手がけたドリームワークスのアニメーション映画『ヨセフ物語 〜夢の力〜』においてもシンガーとして客演。2014年には幅広い評価を得たアルバム『David Campbell Sings John Bucchino』をリリースしている(ジョンの代表曲を、ジョン自身のピアノ伴奏で歌う)。

f:id:markrock:20220207230448j:plain

ミュージカルと言えば、前述のサウンド・オブ・ミュージックなどで著名なリチャード・ロジャースの楽曲をカバーしたジョンのソロ、2003年『On Richard Rodgers’ Piano』も素晴らしかった。ミュージカルの先達であり大御所リチャード・ロジャース自身が所有したスタインウェイのピアノを弾きながら、万感の想いで録音したに違いない。2016年のビートルズ・カバーBeatles Reimagined』が最新作。欧米で名声を得られていても、なかなか日本の人々の耳に届きにくい音楽もある。このブログを始めたきっかけを思うと、彼は最も紹介したかったミュージシャンの一人でもある。

f:id:markrock:20220207233141j:plain