いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 The Beatles

markrock2011-02-24

/ Broadcasts ( Circuit Records / 1980 )


モノ・ボックスを借りてきてここの所聴きまくってるものだから、年に必ず一度はやってくるビートルズ祭りでありまして。先週だったかポール・マッカートニーの2007年ライブをBSで放送していたこともある。かなり声の調子は悪そうだったけれど、歌えているだけ奇跡かも。


さて、今日もレコ屋で20枚くらい買ってしまった。最近ブログの更新を怠っていたけれど、色々欲しいものだらけで、買ってばかりでそれを消化する暇はない感じ。ここ1ヶ月で100枚くらい買ったなあ…


音楽業界は景気が悪いし、リアルタイムの音楽はそんなに元気がないけれど、聴きたい音楽や語られるべき音楽はそれでも沢山あるんだな。ハッキリ言ってどうにかすれば音自体はネットでタダで簡単に手に入るけれど、私はあえて対価を払ってパッケージを買い続ける。文化を育てるってそういうことだと思うよ。ミュージシャンのフトコロにお金を入れずに音楽を貪るのは泥棒だと思う。しばらく前に友部正人さんがHPのBBSか何かで、YouTubeについて否定的な意見を書いたことに対して、若い世代から非難の声があったけれど、友部さんの言い分は長い目で見ると間違っていない。ミュージシャンの当人の危機感と、楽観的なファンとの温度差だと思った。ライブ映像をプロモーションに使うのは結構だけれど、レコーディング音源そのものを不正にアップロードしている事例が余りにも多すぎるのだ。それをダウンロードすることだって容易だし、たとえ少しくらい音質が悪かったとしても、わざわざCDやダウンロードで金を払って買い直す人がどれだけいるのだろう。


これだけ不正ダウンロードが横行すりゃ、新譜も中古盤も買う人はいなくなる。需要と供給ですからね、正直中古盤の価格、東京では劇的に下がっているのを毎日通っているから肌で感じている。


CDっていうメディア自体、いつまで残るかわからないけれど、私は買い続けるね。だいいち誰も見向きもしなくなってもこうしてヴィニール盤を買ってるわけだし、


ぶつぶつ言いましたが、私だって不正な手段で音楽を聴こうという人の気持ちは大いにわかる。そうじゃなきゃブートなんて買いません。ってなわけで100円で買ったビートルズのブート。既にBBCライブが公式発売されているので価値はないけれど、1980年当時はそこそこ値も張っただろうし、衝撃も大きかったはず。


音質はそうそう悪くない。チャック・ベリーの”Carol”とか、アーサー・アレキサンダーの”Soldier Of Love (Lay Down Your Arms)”とか、ハンブルク時代を思わせるカバーモノが抜群。ぐっと来るよね。全てのオリジナリティは模倣から生まれる。アーサー・アレキサンダービートルズはファースト・アルバムで彼の”Anna”を取り上げて、ジョンが熱唱している。熱心なビートルズ・フォロワーのマーシャル・クレンショウは、そのファースト・アルバムで”Soldier Of Love (Lay Down Your Arms)”のカバーをオリジナルに混ぜて、ビートルズをとりわけマニアックに気取っている。