いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Paul McCartney

markrock2009-12-31

/ Good Evening New York City ( HEAR MUSIC / 2009 )


今年最後はポールの新作ライブで。今年の音楽界。清志郎やマイケル・ジャクスンといったキングの死が、図らずもある種の時代の終わりを宣告する結果となってしまった。加藤和彦のこともあるけれど、こんな悲しく寂しい年もなかった。全然関係ない話だが、昨年は植草甚一の生誕100年のアニヴァーサリー・イヤーで、色々関連書籍なんかも出た。そんなことで今年、植草関連書籍を我ながら凄まじい勢いで集めてみたのだけれど、つまるところ彼の仕事は基本的にアメリカ文化のいろんな意味での翻訳。それが珍重され持て囃された時代が確かにあって。しかも、誰しもが憧れたアメリカ文化について、明治生まれの人間がこの国の誰より一番詳しいってんだから、こりゃ怪物そのものだったわけですよ。私も小学生の時にマイケルに憧れ、アメリカに憧れてきた世代だから、70年代の植草狂いの若者の気持ちは十分理解できる。でも、9.11以降アメリカという国の求心力が著しく低下し、今となっては「アメリカ」といっても一向に誰も振り向いてはくれない。つまり、偉大なる参照枠となり得なくなってしまっているという、そんなことを植草さんを追いかけて気付かされてしまったのだ。あの時代があったからマイケルはゴッドと成りえたというか、そんな側面もあったのではないだろうか。


まあ話は長くなりまして。で結局今年、ポップ界の2大巨頭だったマイケルとビートルズに尽きる年だったなあと。まあ彼らほど様々な世代に影響力を持ったミュージシャンは二人と居ないわけだから。


マイケルが版権を買って、なんて話もあったビートルズ。モノ・ボックスの狂騒にはじまりビートル・イヤーの体裁だった。関連作としてはクラウス・フォアマンの嬉しい復帰作もあったし。来年はリンゴの新譜が。ポールも上手いタイミングで出したもので。今年7月のライブ後すぐにこのライブ盤のリリース、ですよ。


初のスタジアムライブ、として知られるビートルズのシェア・スタジアム公演。その跡地に建てられたシティ・フィールド・スタジアムでの3夜の公演のベスト・テイク。CD2枚とDVDが付いた輸入盤を入手。ビートルズ時代の楽曲(”Paperback Writer”などは嬉しかった)を中心に、ウィングス・ソロ時代も網羅した飽きさせない選曲。流石に年齢による声の衰えはあるわけだけど、これだけ唄えりゃ文句はないですよ。むしろゲストで来たニューヨーク男、ビリー・ジョエル(”I Saw Her Standing There”を共演)の方が危ない感じだった。ビリーは”A Hard Day’s Night”なんかをライブ音源としてリリースしていたりというビートルズ・ファン。しかもビリーのファミリー・プロダクションから出たファースト『コールド・スプリング・ハーバー』にはポールの”Maybe I’m Amazed”を下敷きにしたような曲があったりもするし。


ポールはシャウトを酷使する楽曲ばかりを歌っておきながら、アンコール後に”Helter Skelter”を歌うという暴挙。飛ばしてますな。ジョンの”A Day In The Life”と”Give Peace A Chance”のメドレーもあった。ジョンに捧げた”Here Today”も感極まる感じで。歳を重ねてジョンとの日々が愛おしく思えてくるのだろうか。


ジョン・レノンミュージアム、存続させねばとの一心で新年も行って来るつもりです。


来年も当ブログを何卒宜しくお願いいたします。