いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

[NEW!!]2022年2月24日発売、ビッグ・ボッパー『シャンティリー・レース』、フィル・フィリップス『シー・オブ・ラブ:ベスト・オブ・アーリー・イヤーズ』、チャド・アンド・ジェレミー『遠くの海岸 + キャベツと王様』の3枚のライナーノーツ寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230129183945j:image
[NEW!!]2022年12月23日発売、バディ・ホリー・アンド・ザ・クリケッツ 『ザ・バディ・ホリー・ストーリー』(オールデイズレコード)のライナーノーツ寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20221230235618j:image

Various Artists

markrock2009-12-21

/ Disney Adventures in COUNTRY ( EMI / 2008 )


東京に居ながらにして、生まれてこのかた30年間、ディズニー・ランドなんぞというものには行った事が無い。でも、ディズニー・ソングというのは嫌いではなくって。むしろアメリカのポピュラー音楽の凄く大事な部分に位置していると思う。


それで今年、去年出たディズニー・コンピの新装盤が出ていて。ディズニーをジャズ、ボサノヴァブルーグラスで聴かせるというシリーズ。まず私が手に取ってみたのはカントリー篇。


コンテンポラリーなカントリー・サウンドにのってLittle Texasの”Kiss The Girl”が飛び出してくる辺りからご機嫌な仕上がり。ベテランのタニア・タッカーの”Someday My Prince Will Come”も快活な出来。その他にもアリスン・クラウス、ジョージ・ジョーンズ、フェイス・ヒル、シェルビー・リン、ブライアン・ホワイトといった有名どころが参加している。ダイアモンド・リオの”Beauty And The Beast”やコリン・レイアの”A Whole New World”といったピーボ・ブライソンのバラードものが結構良くて。80〜90年代に一世を風靡したメインストリームの王道バラードって今ではカントリー・シーンで聴ける事も多いから。


安価だし、なかなか良いコンピ。