いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。 『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!! ●石浦昌之著 ●定価:本体2500円+税 ●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック

 Deborah Allen

markrock2010-11-30

/ Trouble In Paradise ( Capitol / 1980 )


デボラ・アレン。一言で言って美人歌手。どっかの女優さんかと思いきや、ナッシュビル系のシンガーソングライターとして、ジェイニー・フリックルのNo.1ヒット” Don't Worry ‘Bout Me Baby”なんかも書いているという才女。他にもブレンダ・リーとかトレイシー・ウルマン、リアン・ライムスにタニア・タッカー、珍しいところではフリートウード・マックまでが彼女の曲をレコーディングしているという。


これがファーストかな。イングランド・ダン&ジョー・フォード・コーリーでお馴染みのBig Tree盤によく顔を出すベテラン・ギタリスト、スティーブ・ギブソンのプロデュースと言うこともあってカナリ期待して買ってみたところ、完全な当たり盤。カントリー・ポップとしてはかなり良質な部類に入るんではないかな。AORファンもそっち系がイケれば引っかかるはず。個人的にはシティ・ポップなタッチノミディアム・バラード”Don’t Stop Loving Me”が気に入った。


これまたカントリー・ポップ好きにはお馴染みのレイフ・ヴァン・ホイ(元サザン・ロックのフォーレンロック出身)との共作も数曲あって。コーラスではケニー・ロギンスの従兄弟のデイヴ・ロギンスや、ジョーイ・スキャベリー、なんかの名前も見える。ベースをセクションのリー・スクラーが全編弾いているのも、なんだかSSWらしさを出すのに一役買っている気がする。

http://www.deborahallen.com/