いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。 『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!! ●石浦昌之著 ●定価:本体2500円+税 ●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック

Doris Abrahams

markrock2009-12-23

/ Labor Of Love ( BIGPINK / 2009 )


以前Vividから再発されたドリス・エイブラムスの唯一盤が韓国のリイシューレーベルBIG PINKから出ました。紙ジャケってことで購入。元々Philoからのリリースってことで、フォーク畑の人なのだろうが、1976年と言う時代がポップ、ソウルとのミックスを可能にしていて。土の匂いを保ちつつもAOR的洗練が施されているのが堪らない。ロザリー・ソレルズなんかと共に好きな盤。


冒頭2曲で決まり。ムチャポップなアクースティック・グルーブA-1”Dance The Night Away”とローラ・ニーロ・スタイルのバラードA-2”Hurricane In My Heart”。2曲共にパット・アルジャーの作。パットはカントリー・フィールドのソングライターとしてガース・ブルックスらに曲提供している。ジェイムス&リヴィングストン・テイラーが唄った”City Lights”のオリジナルなどを収録した『From The Heart』(1980)をパットと一緒に作ったのが本作のプロデューサー、アーティ・トラウムというわけで。ウッドストック系ミュージシャンのサポートが素晴らしい。


他にもジェシ・コリン・ヤングの”Sunlight”やコール・ポーターの”Let’s Do It”、ジェフリー・ガッチョンの”I’ll Be Your Old Lady”など曲が揃っている。純粋なフォークはミッキー・ニューベリーのM-7”Are My Thoughts With You”くらい。ドリスの自作は2曲ながら、シンガーソングライター的感触を持っているのも魅力。