いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 長谷川きよし 

markrock2009-11-22

/ 40年。まだこれがベストではない。長谷川きよしライヴ・レコーディング。( Columbia / 2008 )


そういえば去年こんなCDを買っていたっけ、と棚で探し物をしていて見つける。小西康陽がプロデュースした長谷川きよしの新作。プロデュースと謳ってはいるが、彼なりに長谷川きよしを最高に活かすためのレコーディングのお膳立てをした、って感触を受けた盤。何しろ基本は本人のギターと唄のみ。そこにパーカッションとフルートが入るだけ、ってんだから実にステージで聴く生の感触。


でも、長谷川きよしのステージに触れたことがある人ならば、コレが最善の選択だったと思うはず。いかなるレコーディングも彼の最高の瞬間を捉え切れていない、という思いがファンにはあるだろうから。でも、ライブは本当に凄いんだ。目の前でギタリストもかくやという超絶プレイが弾け飛び、そこに凄みのある唄が載ってくる辺りで、鳥肌が立ってしまうのである。今でもその感覚を思い出すことがある。


そういうわけで、チューニング作業やMCも含めてスタジオライブをそっくりそのまま収めた本盤は、手抜きなんかではなく、長谷川きよしを良く知ればこそのプロデュースだったと思うのだ。


いいなぁ。”透明なひとときを”と”別れのサンバ”を立て続けに演る辺りでもう彼の舞台に引きずり込まれている。かつて共演した椎名林檎の佳曲”化粧直し”もいいし、お決まりのシャンソンナンバーも最高だ。”マイ・ウェイ”の原曲”コムダビチュード〜いつも通り〜”もライブで聴いた感動が蘇る。


本当に良いレコードなのに、売れないどころか話題にもならなかったことが残念でならない。こんな風に音楽は使い捨てられていくものなのだろうか。そうではない、と信じたいが。