いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 The Rasberries

markrock2009-11-23

/ Starting Over ( Capitol / 1974 )


エリック・カルメン、ポップスの王道を行く音作りがその筋のファンには堪らん人です。ブリル・ビルディング的な職人芸を感じさせるソングライティングの妙もあって。だからこそソロになってアリスタに迎え入れられた。ビーチ・ボーイズ・フォロワーな所も最高。1998年の今のところの新作『Winter Dreams』は、はじめサンプル・テープをまさに擦り切れる程聴き続け、その後リアルタイムで買った。まだまだ衰えていなかったポップ・センスが爆発した佳作でそれはそれは素晴らしかった。


一昨日エリックの元いたラズベリーズ再結成ライブ盤を注文しまして。今届くのを待っているわけなんだけど、一先ずコレでも聴こうかと。ラズベリーズとしてはラスト・アルバムに当たるもの。しかも新メンバーを迎えてのラストアルバムと言う。


で、冒頭のもろビーチ・ボーイズなコーラスが炸裂する”Overnight Sensation(Hit Record)”にしても、王道ピアノバラードのタイトル曲”Starting Over”にしてもソロ期のエリック・カルメンに繋がる楽曲が多いのが魅力の一つ。ラズベリーズって、パワー・ポップだとか今では言われているけれど、個人的には初めて聴いたとき、単に音の悪いロック・バンドだなあ、って感じがした。今もそんなに印象は変わらないけれど、ジョン・レノンが好きだったってのも判る、甘酸っぱいメロディにはヤハリ普遍的な魅力があるのだ。ロネッツみたいなロックンロールの甘さがそこにはある。


ウォリー・ブライソンのギターもこのバンドの音を決定している大きい部分。豪快なんだ。新メンバーのマイケル・マクブライドはエリックと同じサイラス・エリーのメンバー。サイラス・エリーは今ではシングルがちゃんとした音で聴ける。珍しいところでは”Hands On You”、ウォリーとスコット・マッカールの共作で、アクースティックでラフなレコーディングが面白かった。


ストリングスとホーン・アレンジにはチャーリー・カレロが参加している。プロデュースはジミー・イエナー。それにしてもエリック・カルメン杉良太郎のような色気がある。