いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。 『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!! ●石浦昌之著 ●定価:本体2500円+税 ●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック

Diana Ross

markrock2010-02-15

/ Same ( Motown / 1970 )


シュープリームス脱退後のダイアナ・ロスのソロアルバム。少年のような華奢な容姿で座り込むダイアナとマイケル・ジャクソンが被って見えてきてしまう。


さて、この盤。シュープリームスの音を超える曲作りに日々頭を悩ませたであろうアシュフォード&シンプソンのプロデュースでどこをとっても完璧な音。全米1位となった名曲M-5”Ain’t No Mountain High Enough”(マーヴィン・ゲイ&タミー・テレルのリメイク)やR&Bチャートで7位まで上がったM-1”Reach Out And Touch (Somebody’s Hand)”、それにM-3”You’re All I Need To Get By”なんかを含む全11曲。M-4”These Things Will Keep Me Loving You”だけはジョニー・ブリストルのプロデュースだけれど。


さて、今回聴いているのは2002年に出たCD。ここには貴重なボーナス音源が含まれていて。”Something’s On My Mind”のライブとか、”Ain’t No Mountain High Enough”のミックス違いだとか、それはそれで聴きモノなんだけど、何と言ってもボーンズ・ハウとのセッション4曲。アシュフォード&シンプソンとの仕事と同時にフィフス・ディメンションで当てていたボーンズ・ハウとも録音をしていたなんて、知らなかった。ソロでイメージチェンジを図るためにはと、色々な道を画策していたんですな。


そして、その曲と言うのがまず、フィフス・ディメンションへの曲提供でお馴染みのローラ・ニーロのM-16”Time And Love”とM-17”Stoney End”!コレ、笑っちゃうくらい良い。ソフト・ロックのファンにもアピールする内容で、前者をレコーディングしているフィフス・ディメンションと全く同様の音作り。ダイアナの個性が出ているとは言えないから、没になって当然かもしれないけど、音は凄く良い。(”Time And Love”だけは既に2000年にベスト盤でCD化されている)この2曲はバーブラ・ストライザンドがその後レコーディングし、ヒットさせる事になった曲だが、ダイアナ盤の方に(新鮮味もあるわけだけど)好感触を持った。ちなみに”Time And Love”はジーン・テレルのシュープリームスでも使い回しでレコーディングされている。


あともう1曲、ジミー・ウェッブのM-19”The Interim”も意外な所だったが、このジミー・ウェッブもダイアナ無きシュープリームスの1973年盤でプロデュースを引き受ける事になったことが思い出される。あとはフィフス・ディメンションの6枚目のアルバムのタイトル曲となった”Love’s Lines, Angles And Rhymes”。ウーン、この4曲だけでも聴く価値があると思えた。