いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 Voorman & Friends

markrock2009-08-13

/ A Sideman’s Journey ( Universal / 2009 )


ビートルズ・ファンは速攻で購入済みかと思いますが。豪華ゲストをフィーチャーしたクラウス・フォアマン初のソロ・アルバム。タイトルが全てを表しているけれど、表舞台に出ることはなかった人だけに貴重。クラウスと言えば、ハンブルク時代からビートルズの面々と交流があったドイツ人ベーシストでありデザイナー。有名な所ではジョン・レノンの“Imagine”でベースを弾いたり、かの『Revolver』『Anthology』シリーズのジャケットを手がけたことでも知られる。今作もその『Revolver』風のモノクロ・コラージュ・ジャケで。


さて、レビューが遅れたのはボックスと通常CDでは曲数が違うと買ってから気付いたゆえ。だいいちボックスはビートルマニアの足元を見たむちゃな値を付けてますよ。DVD&ボーナストラックにクラウスのサインが付いているとは言え。しかし、はっきり言って欲しい!マア、DVDとかは実はどうでもよくて、唯一マンフレッズの音源(”Just Like A Woman”の再演)が欲しいんだけど。イナラ・ジョージやドン・ニックスの参加したボートラも、別にいいんです。ま、あきらめますが。


そう言えば、2年前の2007年にジョン・レノン・スーパーライブに行きまして。オノ・ヨーコと共にクラウスが登場して、”Bring It Home To Me”や”Imagine”を弾いてくれたのには感動したなぁ。清志郎を最後に拝んだ忘れられない日。

さて、まず、ポール&リンゴというリヴィング・ビートルが参加したファッツ・ドミノM-1”I’m in Love Again”でスタート。ポールはピアノ・エレキ・アコギ・オルガン・ドラムスを多重録音。そこにクラウスのベースと、さらにリンゴのドラムスを足して厚みをつけたという。キーのせいもあるけれど、ポールはリンゴ並に声が低くなっているようにも感じられる。カール・パーキンスのA-2”Blue Suede Shoes”はドン・プレストンが歌う。アルバート・リーとジム・ケルトナーが参加。A-3”All Things Must Pass”はクラウスが参加したジョージの大作の言わずと知れたタイトル曲だけれど、ここではユセフ・イスラムキャット・スティーブンス)が参加。「イスラム教に改宗し、芸名も変えて、ポップ・ミュージックの世界から遠ざかっている」といまだに書いている人がいるけれど、そんなことは無い。2006年に『An Other Cup』でポップ・フィールドに復帰。以前その盤のレビューにも書いたけれど(http://d.hatena.ne.jp/markrock/20061208)、ネイティブ・アメリカン居住区のタオス(ニューメキシコ州)をかつて旅行したとき、急にキャットが聞きたくなって、街に唯一のミュージック・ショップでカセットを買い求めたことがあった。クラウスの本盤は、ヒッピー世代ならではというべきだが、同じくネイティブ・アメリカンラコタ族の居住区の環境を守ろうというチャリティ盤の側面もある。そこにキャットが参加している事に個人的に何ともいえない符号を感じ取ってしまい。ちなみに同じくジョージのM-8”The Day The World Gets Around”もユセフが演っている。ユセフの今年出た新作『Roadsinger』も必聴。


ヴァン・ダイク・パークスがピアノで客演したランディ・ニューマン曲A-4”Have You Seen My Baby (Hold On)”に続くジョージのM-5”My Sweet Lord”はボニー・ブラムレットが演っていて。ベースはデヴィッド・フッド。本作屈指の好トラック。続くマンフレッズのセルフカバーM-6”Mighty Quinn”も堪らなく良くて。マンフレッド・マンのメンバーがマンフレッズ名義でライブを演っているのはファンに知られたところ。マイク・ダボ(Vo)、マイク・ハグ、トム・マクギネス、カール・カールトンが参加。クラウスだってこのバンドにかつて在籍していた。余り衰えを感じさせない。最近ソロの新作を出したポール・ジョーンズもコーラスに加わっている。かつて物議を醸したM-7”Short People”は再びご存知ランディ・ニューマン作。ドン・プレストンが歌っている。ヴァン・ダイク・パークスと共に、イーグルスジョー・ウォルシュがギター参加。


M-9”So Far”はクラウスとドリス・トロイの共作で、ドリスがアップルから出した『Doris Troy』に入っていた曲。ここではボニー・ブラムレットが黒いノドを震わせる。クラウスが参加したリンゴ・スターの名作ソロ『Ringo』に入っていたポーマス・シューマン曲M-10”You’re Sixteen”はドイツ繋がりでEmpty TrashのMax Buskohlが参加。ラストはドクター・ジョンがいつものダミ声でM-11”Such A Night”を。こういった、ジャズ/R&B風味の小粋でオールドタイミーなバラードみたいのも、クラウスの好みなのかな。ジョン〜ニルスンな流れ。


一応限定版らしい本作。とは言え、ユニバーサル配給だし、シリアル・ナンバーが100万ケタなんだけど。