いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Barefoot Jerry

markrock2009-07-21

/ Barefoot Jerry’s Grocery ( Monument X798 /1975 )


アメリカン・フォーク好きなら知らない人は居ないと思われる、名レコ屋DISC FILE(http://www.disc-file.com/)。カレン・ドルトン使用のバンジョーをお持ちとのことで、サイトでは見られます。個人的にも学生の頃はカナリお世話になりまして。今は通販中心になっているようだけれど、高円寺に店を構えていたときには通いました。フォークを中心に、フィレスだとか、ソフトロックもののオリジナル・シングル盤なんかもあって、山下達郎のサンソンにもネタを提供したことがあると店長さんが言ってました。


さて、通っていると、そうそう学生の身分じゃ買える金もないのに、店長さんとは色々お話させてもらって。正直9年前の私、まだまだ知らない音楽も沢山ありました。バリー・マンが好きだなんて言ったら、コッチの方がイイヨ、なんつってDave Logginsのファーストを聴かせて貰って。”Pieces Of April”のジワっと暖かみのある音を初めて聴いた時はマコトに至福の境地でした…スリー・ドッグ・ナイトがカバーした、なんてのも知らなかったあの頃。CDではなんだかあの時の感動が薄れてしまう。カビ臭いアナログの良さを教えてくれたのもコノ店。


で、これまた別の時に、はっぴいえんどが好きだなんて話をしていたら…聴かせてくれたのがBarefoot Jerry。エリア・コード615なんてのもたしかCD化される直前だったから、名前を聞いたことはあっても、音は耳にできなかった状態で。それでBarefoot Jerryですよ。取り出だしたるはセカンド『Barefoot Jerry』。A-2”One Woman”を聴いて仰天しました!ウェイン・モスのファンキーなアコギのカッティングと共に飛び出した歌声は何しろ細野さんそのもの!あの時は、少なくとも細野さんにしか聴こえなかった。一体どうなっているんだろう、という。さらにこれも聴いてみな、ってA-1”Castle Rock”を聴かせてくれて。カントリーロックだと思っていたら、飛び出してきたのがムーグ・シンセサイザーでしょ。1972年っていう時代を考えても、実にプログレッシブ!早い音ナリ。つまりYMOのアイデアがココにあったのかも、って言いたかったんだと思う。口数の少ない店長さんだったけれど、いやぁ、学びました。


でも当時この盤、お店では4000円くらいしたのかな。なかなか買えなくて。結局あるレコ屋でファーストとセカンドを収めた2枚組『Barefoot Jerry’s Grocery』を1800円くらいで見つけて。あの感動に再び出会えたのが懐かしい。


Barefootは買えなかったけれど、その後も時折DISC FILEさんにはお世話になってます。そう、あと忘れられないのは「これだけ良いレコードが沢山合ったら、売るのが勿体無くないですか?」と聴いたことがありまして。この愚問に店長曰く、「アメリカでは探せば店にあるようなものはいつでも手に入る、それに聴きたくなったら、売り物のレコードを聴けばいいわけだから」とのことでした。コレクター根性が出て来てしまうワタシには商売は出来ないなと思った瞬間。