いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。 『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!! ●石浦昌之著 ●定価:本体2500円+税 ●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック

Natural Records

markrock2009-07-18

/ Philosophy & Groove ( RDCA-1007 / 2007 )


友人の宮 武弘くんが率いるバンド、Natural Records(http://www.naturalrecords.net/)のライブに先日行って来た。昨年のap bank fes'08にも出演したりと、トニカク勢いのあるバンド。渋谷のDuoというデカイ箱で、「Relax on the Music」という居心地の良いイベントを続けていて。仕事の都合上、残念ながら他のバンドを見ることが出来なかったのが残念だったのだが、久々のナチュレコ、感情を解放させる瞬間がバンドにも、観客にもそれぞれあって、凄く良かった。もう、その佇まいがロックなんだよなぁ。


昨年このブログでも紹介した『Philosophy & Groove』http://d.hatena.ne.jp/markrock/20080112)からは“光彩”“Vivid”を披露。でもそれ以外はここ一年のライブでお目見えした楽曲や新曲を中心に演っていて。それだけバンドの音が進化していることを実感。音に身体が溶け込んでいく瞬間があった“パーティーパーティ”も面白かったし、“サンキューグッバイ愛しい人よ” には切ない気持ちにさせられたり。アンコールの“オレンジとブルー”も良かった。ドラマーが変わったことで、より鍵盤が立ってきて、ピアノバンドらしくなったような印象も。


何でも新譜のレコーディングにこれから入るということで、ますます楽しみ。未聴の方はぜひチェックしてみてください!

http://www.myspace.com/naturalrecordsmusic