いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 Simon & Garfunkel

markrock2009-07-12

/ OLD FRIENDS LIVE ON STAGE Deluxe Edition ( Warner48967-2 / 2004 )


サイモン&ガーファンクル来日公演、11日の東京ドームに行って参りました。アート・ガーファンクルは15年くらい前?に一度、エリック・ワイズバーグや奥さん、息子を引き連れてきた7,8年前にも再び見に行ったことがあるのだが、ポールは初。トニカク楽しみにして臨んだ。


個人的にはS&Gと言うと、初めてソロも含めてコンプリートにしたアーティスト。とりわけアーティのソロ盤のソングライター探索から、音楽探求の旅が始まったようにも思う。さらには、ギター。あまりコピーするのは好きではないけれど、大学時代、ひたすら友人とS&Gをハモッたものです…


さて、コンサートに先立っては『LIVE1969』がCD化されたけれども、オリジナルアルバム未収録だった”Silver Haired Daddy of Mine”や”Bridge Over Troubled Water”の初期演奏を含むこのライブ音源、実はファンにとってはなんら珍しいものではなくて。昔から駅売りのブートでもそこそこ高音質な同音源を安価で入手できたし。それより、前回の再結成ライブツアーのCD+DVDを収めた『OLD FRIENDS LIVE ON STAGE』の方が予習に役立った。


それで、東京ドームのギグ。ソロ含め代表曲のオンパレード!”Homeward Bound”、”Mrs. Robinson”、 “America”、”Scarborough Fair”、” The Sound of Silence”、”El Condor Pasa”、”Cathy’s Song”、"Cecilia"…などなど。でもそれより何より、二人のシルエットを見るだけで胸が一杯になったのだ。フィルムに続いて二人が登場し、ポールのギター一本で歌う”Old Friend〜Bookends”に始まったステージ。老成したサイモンの詩は、今日この歳で演奏することを予想していたかのよう。ラストの”Leaves That Are A Green”にも同じ感想を持ったけれど。さらに、前回の再結成以前には、ステージで演奏されることはまずない、とされてきた”I Am A Rock”、”A Hazy Shade Of Winter”を立て続けに披露。”I Am A Rock”は間奏のオルガンや、ウマヘタでシックスティーズ感覚な荒っぽいエレキが実にいい味。ディランとも通じる面子で音作りをしていたコロンビア時代のフォーク・ロックを現代に蘇らせた感じ。


ドームの劣悪な音質を嘆く声もあったようだけど、そんなの初めからわかり切っているハナシですわな。60年代のPAはきっとコレ以下だったんだし。筋金入りのファンなら、想像力を研ぎ澄まし、衰えぬハーモニーにじっと耳を澄ましていたはず。マア、アコギ中心の楽曲は、ボーカルにたっぷり掛かったリヴァーヴもあってか、ドームにしては及第点だったと思うけど。


お馴染みのルーツ披露コーナー。Tom&Jerry時代の“Hey, Schoolgirl”に続き”Be-Bop-A-Lula”を通して演ったのにはビックリ。”Mrs.Robinson”にはバディ・ホリーのジャングル・ビートもの”Not Fade Away”が織り込まれていたし。かつてのセントラル・パーク・コンサートの” Kodachrome”に” Maybellene”が織り込まれたように。サイモンのリズムものへの拘泥と、ロックンロール・ジェネレーションとしての自負を感じる。ただし、トム&ジェリーのデビュー曲はともかく、ジェリー・ランディスやティコ&ザ・トライアンフスにしても成功は収められなかったが。


ソロ・パートは面白かった。二人とも流石に生き生きしていて。アーティは自身最大のヒット曲、マイク・バット作の”Bright Eyes”でスタート。しかし余り拍手がないのが悲しかった。アーティのソロを聴きこんでいるファンも結構いたはずなんだけど。まあ、結局ドームの大多数はマイナーキーの”El Condor Pasa”やら”Scarborough Fair”ばかりに拍手を送る往年のファン達なのですよ。そうした支持層が彼らを支えてきたことも事実。『Concert in Central Parkに収録された唯一の外部ライター曲”Heart in New York”(ギャラガー&ライル)も披露。アート自身が念願のシンガー・ソングライターとなった、マイア・シャープ&バディ・マンドロックとのトリオ作に収録された”Perfect Moment”も、”My song!”なんて言って喜んで歌っていて。


そしてそして、ポールのステージが圧巻だった。『Graceland』の冒頭2曲”Boy in The Bobble”、”Graceland”を立て続けに聴かせてくれたのだから!ポールのこなれたボーカルはホント凄かった。S&G時代からワールド・ミュージックを上手く取り入れて自身の音楽を作ってきたポール。南アフリカのミュージシャンを加えたバンドの中心で音頭をとる姿、まるで喜納昌吉か、っていうくらい。そしてそして、”Still Crazy After All These Years”。コレには涙しました。実に映画的で、ニューヨーカーとしてのセンスを感じさせる1曲。ただただ素晴らしかった。


そして第2部のスタートが、映画『キャッチ22』の撮影のためにS&Gのレコーディングに戻ってこなかった、トム&ジェリーの”トム”ことアート・ガーファンクルを待つサイモンの心境を歌った、”The Only Living Boy in New York”。今回はトムが後ろにちゃんと控えていて。胸が熱くなる。さらに、”My Little Town”に次ぐ”Bridge Over Troubled Water”がヤハリ圧巻。でもこの曲が今のS&Gの力関係を表しているようで。現役時代のポールのコンプレックスはアーティを下回る身長から起因する、自らの音楽的才能の過小評価。アーティの方が曲を作っていると信じられていた、なんて今じゃそんな巷の評価が信じられないけれど。まあでもこのNo.1ヒットにおけるアーティの圧倒的な歌唱力と言ったら…ポールの才能をかすれさせたのも頷ける。しかし、昨今はアーティも老いから来るものか、声も幾分か低くなり。一方ポールはというと、ここ10年くらいで歌い回しや声量に成長が見られて…”Bridge Over〜”に絶えず纏わり付いていたコンプレックスからようやく解放されたのかな、と。ジーター神父にインスピレーションを受けたゴスペル風の歌いまわし(弾き方のデモでも聴けるけど)が今回も2番のポールのパートで飛び出して、大興奮。アーティも3番をナントカ歌いきって。


“The Sound of Silence”。聞き飽きたこの曲に涙が出てしまうって何だろう。”The Boxer”にしてもね…。それにしても”The Boxer”の間奏のテルミンは面白かった。


御歳67。これが最後の来日なんて悲しすぎる。二人がステージから去る姿を目で追えなかった。80歳になったらもう一度セントラルパーク・リヴィジテッド、なんて無理かしら??