いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

松田亜世 

markrock2009-05-30

/ おかえり ( F-records MFCD-9001 / 2009 )


4月に発売されて以来、レビューが遅れてしまったけれど、日本のフォークソングを受け継ぐ正統派フォークシンガー、松田亜世の新作フルアルバムを。私の旧い友人でありフォークを語り合える数少ない良き仲間でもある。


さて、シングル『想ひ出雪 / 鳥越にて / 天漢』に続く待望の本作は、恒例月イチのワンマンのライブで歌い込んで来た新作・旧作をギッシリ詰め込んだ珠玉の11曲。往年のフォークファンはもとより、老若男女問わず受け入れられるであろう、スタンダードの風格がそこにはある。プロデュースはチューリップや杉真理のMixを手がけているおなじみ安部徹。


岡林を思わせるエンヤトット・アレンジが新鮮なM-1”越のしらやま”でスタート。故郷や日本人が脈々と受け継いできた伝統に深い敬意を表すテーマは彼の本分。M-2”盂蘭盆会”も同様。こちらは美しいバラードだ。ちなみに演奏はライブでもおなじみのヴァイオリン、多ヶ谷樹(EX.浜崎あゆみ)、キーボード 木内健、ベース 山西宏樹という布陣。


さて今回はゲスト参加も聴き所。さだまさしのバンド亀山社中のギタリストとして著名な坂元昭二がM-3”渇愛”、M-6”友白髪”にギター/マンドリンで参加。M-3は3フィンガーと“タンタタン”ってなパーカッションからして文句ナシの王道フォーク。松田亜世本人と坂元昭二のアコギ2本で奏でられるM-6の無骨な仕上がりも必聴だ。ライブにおける人気曲M-4”ひろみ湯”もとうとう収録。コレは銭湯の歌!この昭和感は出そうと思って出せるものではない。思わず頬が緩む。5年ほど前だろうか。彼のライブにギターバンジョーを持ってお邪魔して、この曲を演奏したこともあったっけ…。なんとも懐かしい。


タイトルにオドロクM-5”好色男は正直者”は情熱的なハープのフレーズが印象的なロック寄りの1曲。そうそう、本作にはピアノ中心の楽曲に印象的なものがあった。嶋田陽一(EX.杉真理)のピアノに導かれて訥々と歌われるM-8”坂の途中”。「人生の曲がり角 おぼろげな10年先の自分 人生の登り坂 たどり着いて海が見えるといいな」ってなフレーズがいい。”Don’t trust over 30”を叫んでいたものの、30を迎えてしまいそうな今。もう一度生きる指針の再考を迫られている己の現状を思い、グッと来ました。愛だ恋だのというありふれたテーマを飛び越えて、生きる事を歌にするって素敵だな、と思う今日この頃。


そしてそして、こちらもライブの定番M-9”君の待つ海”。こちらには前作『がんばるまっし』(2007)(http://d.hatena.ne.jp/markrock/20070317)でも流麗なカントリー・ワルツをピアノで聴かせてくれたサントリィ坂本(EX.稲垣潤一)が参加。優しくも力強いボーカルと相俟って、夕暮れの海を思わせる情景が眼前に浮かぶ名演ナリ。ラストは故郷の金沢弁で歌われるM-11”月”。「あんたのお陰さんであんやとう」はファンへの思いと受け取れた。待望のフルアルバム、多くの人の耳に届くことを祈っています!!

http://www.myspace.com/asei