いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

吉田拓郎 

markrock2009-05-31

/ 午前中に… ( avex AVCD-23840 / 2009 )


拓郎の新作。テイチクからの諸作はなにやらリメイクばかりの懐メロ・プロダクションばかりで個人的には気に入らなかったのだけれど。さて、新作はavexからということで身構えてはみたものの、フォーライフ時代末期を思わせる肩の力の抜けた新曲集で好感が持てた。ただし本作の体を示さぬ青ジャケは勿体無いの一言。


中身はガン闘病を踏まえた悟りの境地から放たれる楽曲群。M-1”ガンバラナイけどいいでしょう”からして、団塊の世代に響くメッセージ。拓郎は変わったなどと長らく言われてきたけれど、M3”フキの唄”なんてのを聴いていると、エレック時代と変わらぬ唄づくりをしているようで。今回面白いと思ったのは深夜タクシーの架空の会話を織り込んだM-4”真夜中のタクシー”。この発想、かつての『元気です』の時代にはあったスタジオでのアイデアを曲にしちゃいました的なラフ・ワーク。近作にはなかった拓郎らしさはコレなんだな、と思う。往年のファンが喜びそうなのはM-5”季節の花”。1999年のシングル”心の破片”もそうだったけれど、時折70年代風の音をこうして蘇らせてくれたりするのだ。あと面白かったのは、”ホームラン・ブギ”をかつてカバーした彼らしい、ロックなシャウトが痛快なM-9”Fの気持ち”。ギターコードをうまく織り込んだノベルティもの。小林旭が歌っていたような。ラストはM-10”あなたを送る日”。こんな唄を歌う歳になっているですな、タクローも。


全曲拓郎の作。コレが本作では良かった。岡本おさみ松本隆など、本人以外の書いた詩の印象が強いのだけれど、彼のエッセイなんかと同じタッチの独白はいまもなお魅力的なのだ。