いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

James Ray

markrock2009-05-28

/ If You Gotta Make A Fool Of Somebody ( Collectable )



前回取り上げた小林旭。週刊誌によるとなんだか新作とやらに妙な曲が入っているようで。そちらには全く興味なし!!


さて、今回はJames Rayを。余りソウルファンにもロックファンにもお馴染みとは言い難い人だけど、2つの重要楽曲のオリジネイターとして知られる人。1つは多くのカバーが存在するソウル・スタンダード”If You Gotta Make A Fool Of Somebody”。そしてもう1つはGeorge Harrison、1987年の当たり曲”I’ve Got My Mind Set On You”。どちらもRudy Clarkの曲。オリジナル歌手James Ray版も、一発屋ではあるけれど、実に捨て難い味わいを持っている。大仰なオーケストレイションで聴く”I’ve Got My Mind Set On You”なぞは、ぶっ飛ぶ大迫力!!


この編集盤は1963年のデビュー盤『James Ray with the Hutch Davie Orchestra and Chorus』を丸々CD化したもの。オーケストレイションをバックに渋い喉を披露する。特にイギリスで受け入れられた歌手であるらしく、先述のGeorgeはじめ、一世一代の名曲”If You Gotta Make A Fool Of Somebody”はFreddie& The Dreamersや Ron Wood をはじめ、Peter NooneやTremeloesにもカバーされている。アメリカでもMaxine Brown やAretha Franklin、さらにBonnie Raittも歌っていたはず。純粋なソウルファンは敬遠するかもしれないけれど、上品な歌謡ソウルとでも言えそうなスタンダード風味のベタベタ感が、イギリス人だけでなく日本人の好みにも合いそうに思える。


2曲以外にも、捨て曲は全くと言って良いほど無く、冒頭のRudy Clark曲M-1”The Old Man And The Mule”からドリーミーなジャズM-8”Teach Me Tonight”なんかも実にムーディーに歌いこなす。スタンダードM-4”St.James Infirmary”も良い。M-5”Come Rain Or Come Shine”はハイ・テンポで軽快に。ピアノのイントロが入ったアッパーM-7”Without A Song”もなかなか。