いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
[NEW!!]編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 Solomon Burke

markrock2009-06-21

/ That's Heavy Baby The Best Of The MGM Years 1971-1973 ( Raven / 2005 )


またまた、ですが勢いでソロモンを。こちらはオーストラリアのRavenからの編集盤。Ravenはコレクター向きの詰め込み編集盤が売り。音は余り良いと思わないけれど、ちょっとブートっぽい雑さ加減も含めて愛すべきリイシューが多い。


さて、こちらはMGM時代1971年〜1973年の音源。お堅いソウル・ファンは見向きもしないような時期なんだろうけれど、ロックやSSWのカバーものを中心に据えた1971年『Electronic Magnetism』なんぞは私なんかには楽しめた。まずはエルトン・ジョンのカバーM-2”Three Psalms of Elton: Your Song / Border Song / Take Me To The Pilot”。必殺のメドレーですよ。ゴスペル・ライクなBorder Songはアリーサも演っているし、ハマるとは思ったけれど、”Your Song”の味わいも悪くないのだ。さらに、”Proud Mary”に続きジョン・フォガティものM-7”Lookin’ Out My Back Door”も演っていて。マア、コレは普通の仕上がり。スライのM-4”Stand”なんてのもあり。


さらにさらに、シングルのみで発売されたザ・バンドのM-9”The Night They Drove Old Dixie Down”。こちらはアップなリズム&ブルーズに再構成されており、ちょっとガッカリ。こういう曲こそ、ディープ・ヴォイスでレヴォン張りにじっくり歌い上げて欲しかった。


M-10〜M-13はジーン・ペイジのオーケストレイションが入った、ニュー・ソウルな『Cool Breeze』からの4曲。ブラック・ムーヴィーのサントラとしてのリリースだが、カーティスの諸作やアイザック・ヘイズShaftなんかと並べられるファンキーな仕上がりに驚く。R&Bチャートで13位に入ったとのこと。コレがソロモン・バークだなんて、街で聴いたら判別する自信はない。


流石にソロモン自身も違和感を感じたか、1972年の『We’re Almost Home』はこうじゃなくっちゃ、と言うソロモンらしい作。マイケル・ロイドが手がけたM-17”Everybody Wants To Fall In Love”とM-19”Sweet, Sweet Reason”がいわゆる70年代ポップス然とした作りで好感触。とは言え、目立つ佳曲は見当たらず。スロウなタイトル曲M-14”We’re Almost Home ”は悪くないが。曲名を見ただけでレイのヴァージョンを思い出すドン・ギブスンのM-18”I Can’t Stop Loving You”はソロモン色。ソロモンもカントリー・ソウルに接近しているのだけれど。それにしても、レイのカントリー・カバー連作は本当に秀逸だったと思う。大好きな音楽。


最後は1973年のシングルM-21”Georgia Up North”とM-22”Here Comes The Train”。M-21はレイじゃないけれど、スタンダードの風情。


こう言う楽しめる編集盤は大歓迎。