いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]「読者たちの夜会」(2021/1/14 LOFT9渋谷) 2020ベストビブリオバトル にて、哲学芸人マザーテラサワさんが『哲学するタネ―高校倫理が教える70章【西洋思想編1・2】』を取り上げてくれました。
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
f:id:markrock:20201220114218j:image
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image

honto西洋哲学 1位・2位に2冊同時にランクインしました(2020/10/25付)
2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイドに掲載されました】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

ぎんぎん 

markrock2009-08-03

/ 側車 ( Victor SJX-20007 / 1977 )


何と言っても裸の女を側車に縛りつけたとんでもないジャケットが目を引く。Broom Duster KANこと神林治満が在籍していた横浜のブルーズバンド「ぎんぎん」の唯一作。語られることは少ないが、ジャパニーズ・アクースティック・ブルーズの秘宝。メンバーは神林治満(アクースティックギター、ハープ)、宇佐美源助(アクースティック・ギター)、伊東正道(ベース)。ドラムスがいない分、憂歌団よりもプリミティブなブルーズを聴かせてくれている。10曲中6曲が甚六屋でのライブ・レコーディング。他の4曲はビクター・スタジオで録られたもの。


とにかくどの曲もスリリングな生演奏の感触。ザラっとした神林ボーカルが印象的だ。A-1”インストルメント”はその名の通りアコギ、ベース、ハープのインスト。後半、盛り上がるハープのフレーズにBroom Duster KANの片鱗が。ハマの風景を織り込んだA-2”立ちん坊ブルース”は客席の合いの手も入って熱い仕上がり。ウォーキング・ベースが心地良いA-3”春の風”に続くシャッフル・ブルーズA-4”帰り道”では押しまくるギターソロに腰が浮く。A面ラストはスローなA-5”青い空に”。


B面はこれまたスローなブルーズB-1”ウォーキング・ブルー”でスタート。ここでは坂本ひろし(ピアノ)が参加。坂本はサントリィ坂本として杏里、稲垣潤一ラッツ&スター、桑名正博らのサポートを務めることになる人物。私の友人のフォーク歌手松田亜世のサポートも現在務めている。“俺ら金にも女にも縁がねえ”と凄みのある声で畳み掛けるB-2”コーヒーハウス・ブルース”に続くB-3”ニューオーリンズ・バウンド”とTampa Red (Hudson Whittaker)作品に日本語詩を付けたB-4”おまえ”は一聴したところ神林のボーカルではない。神林はハープに専念するのだが、コレがまた痛快!ラストはBig Bill BroonzyのB-5”Good Jelly”。改めてオリジナルも聴いてみたけれど、ロックン・ロールとの連続性も感じられるノリ。


通して聴くと、衝撃的なジャケに反して真っ直ぐで純粋なブルーズへの愛情、憧憬が伝わってくる好盤。ちなみに裏ジャケでは縛られていた女性が警官に扮して、メンバー(半ケツ含む)を“お縄”にするというオチもついていて…


A-1 インストルメント
A-2 立ちん坊ブルース
A-3 春の風
A-4 帰り道
A-5 青い空に
B-1 ウォーキング・ブルー
B-2 コーヒーハウス・ブルース
B-3 ニューオーリンズ・バウンド (作詩・作曲:中村善郎、ぎんぎん:編曲)
B-4 おまえ(Whittaker / 訳詩・編曲:ぎんぎん)
B-5 グッド・ジェリー(Bill Broonzy / 訳詩・編曲:ぎんぎん)

作詩・作曲・編曲:ぎんぎん (Except Noted)


私が運営させていただいているBroom Duster KANの公式サイトはこちらです↓
http://broomdusterkan.cocolog-nifty.com/blog/