いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Jose Feliciano

markrock2009-08-06

/ Sweet Soul Music ( Private Stock PS2022 / 1976 )


マッスル・ショールズ産。もちろんジェリー・ウェクスラー&バリー・ベケットのプロデュース。AOR〜MOR的な耳で聴いてもカナリの好盤。しかもPrivate Stockからのリリースということで当たりを予感。


イーヴィ・サンズがソングライティングに加わったA-1”I Love Making Love To You”なんて、切ないメロが実にホセ向き。Aメロのホーンのフレーズにはシカゴの”Saturday in the Park”を思い出してしまう。アコギにコンガが絡むA-2は一瞬聴いたことのあるメロに,「そうだ、デイヴ・メイスンの”Every Woman”だった」と思い出す。なかなかいい選曲。A-3は70年代に起死回生を図ったニール・セダカの”The Hungry Years”。ここまでスタンダードタッチだとグルーヴィーな流れをちょっと止めてしまう気も。マア、当時の選曲としては大正解なんだけど。同じニールなら、”Laughter in the Rain”なんてコンガを鳴らしながらのホセ・ヴァージョンを聴いてみたかった気も。


さて、マッスル・ショールズだということを忘れる3曲だったが、南部っぽさもちゃんと用意されていて。ファンキーなA-4”Marguerita”はジェイク・ホルムズ作、A-5”Loving Her Was Easier”はクリス・クリストファースン。さらにB面に行くと、いなたさとポップさが同居したB-1”Sweet Soul Music”がロジャー・トロイとマイク・ブルームフィールドの共作、バラードB-2”Love Comes From Unexpected Places”がキム・カーンズとデイヴ・エリンソンの共作、ソウルフルなミディアムB-3”That Woman”がドニーフリッツとビル・ブラックバーンの共作(なかなか良い曲)、B-5がウィリー・ネルスンの”Fanny”と”Night Life”メドレー、ということで。清涼剤のごときアルバートハモンドのB-4”The Air That I Breathe”も挟んではいるけれど。アルバム全体の統一感という意味ではとっちらかってはいるけれど、AOR寄りのマッスル・ショールズものを聴けたのは収穫。