いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

[ライブ」JAPAN BLUES & SOUL CARNIVAL 2012 ジョニー・ウインター/サニー・ランドレス etc.(2012.5.26 日比谷野外大音楽堂)

markrock2012-05-27



ジャパン・ブルース&ソウル・カーニバル2012でのジョニー・ウィンター来日公演、日比谷野外音楽堂、行って参りました!!ギター持って立っただけで歓声、というのはハープに息を吹きかけただけで歓声、というボブ・ディランに匹敵する。まさにオーラが違うということを痛感。


サニー・ランドレスもトリオとは思えぬ音の分厚さで流石のプレイ。見た目は現在のスティーブ・ハウみたいな細身なんだけれど、ギターを幾分か高く抱えて繰り出すスライド・プレイは唯一無二。殆どミスタッチはなく、職人の域に達していたと思う。客を乗らせるみたいなスタイルじゃなくて、ギターとサニーの対話を見ているだけでこっちが熱くなると言う、そんなスタイル。近藤房之介も全然良かったのだけれど、サニーのバンドから音の熱さが違った。実はブルーズはドラムスのパワーによるものも大きいなと思ったり。


そしてジョニー御大ですよ。ステージに出てくるんだけれど、高齢(とは言っても68)と視力・体力の衰えからかステージ袖からよろよろと介護認定のおじいちゃんのように登場。もうこれだけで泣けてくるんだけれど、黒いピアノ用のイスみたいなのに座ってヘッドレスのギターを抱えると繰り出すギター・リックは往年のジョニーそのもの!しかもパワフルなバンドの音に全然負けてない音量、そして凶器のようなスライドの音色…もう打ちのめされました。全然衰えてないじゃないですか。ジョニーというとブルーズがもちろんルーツだけれど、多くの曲のビートはロックンロールでありまして、そこが彼の持ち味だったわけだけれど、今回のライブも枯れたスロウ・ブルーズに逃げる気なんぞ全くなく、前半で"Good Morning Little Scholl Girl"や"Johnny B.Goode"をロックにキメてきて全く老け込むつもりなし!手だけ見てると手数が多く往年のジョニー節なのだ。


ボブ・ディランの"Highway 61"や"Got My Mojo Walking"やらラストのサニー・ランドレスも交えたセッションでのエルモア・ナンバー"Dust My Broom"まで、ゴリゴリおしまくる。ボーカルもかなりの迫力でしたよ。YouTubeに今年1月のデヴィッド・レターマン・ショウの映像(下にリンク貼っておきました)があったけれど(『Roots』のプロモーション)あれを見ると今年のジョニーの充実っぷりがわかるかも。


ちなみに客席は相当いかついオヤジ・ファンが多く。。いかにもブルーズ、ですなぁ。とは言えブルーズは若手にもうちょっとアピールして欲しいものでありまして。改めてブルーズは面白く飽きない音楽だと今日は色々な出演者を見て再認識してしまった。そうそう、司会のゴトウゆうぞうさんはアッパレ名芸人だった!


一緒に行った往年のリアル・タイム・ロック・ファンの大先輩が言うには、昨年初めてというジョニーの来日が遅れたのは服用している薬の認定が日本で認められなかったからだとか。ううむ、なるほど。しかし、こうなったら毎年来て欲しい。行きますよ!!お金を払う価値のあるライブってのはそうあるものじゃないし。


http://www.youtube.com/watch?v=VIpmUroL2D4