いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。 『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!! ●石浦昌之著 ●定価:本体2500円+税 ●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック

Engelbert Humperdinck

markrock2009-03-03

/ Let There Be Love ( Decca / 2005 )


これは趣味の良い盤。エンゲルベルトと言うと、ポピュラー・ボーカルでも大甘の部類。個人的にはカナリ、ポピュラー・ボーカルものが好きなもので、色々集めてはいるのだが、エンゲルベルトはそこまでコレクションが進まない。ちょっと古臭いボーカルスタイルとワルツ調のカントリーバラードってな曲調がそうさせたのか。


しかししかし、往年のDeccaからのこの2005年盤は、当時69歳(今年で73歳!)でありながらにして、驚くほどに円熟したスムースな歌声を聴かせてくれる、良質盤。老いて逆に余り年齢を感じさせず、意外や意外。しかも、M-3”It Had Be You”はじめとしたオーソドックスなジャズを基本に置きつつ、同じテンションでポピュラーヒットを混ぜていくと言うスタイルが粋。かのロッドのシリーズにポップスが半分入っているかのような。ポール・アンカほど大袈裟なビッグバンドサウンドにしない辺りが、AORファンにもアピールする内容。M-2”Just The Two Of Us”も演っているし。


『ノッティング・ヒルの恋人』の主題歌M-4”When You Say Nothing At All”は名テイク。ニック・ロウのM-6”You Inspire Me”もスタンダードの風情でいい感じ。ささやくようなM-7”Stand By Me”に酔うと、M-9ではこれまたAOR世代のスタンダード、ボズの”We All Alone”が。ちょっと鼻にかかった感じがボズと似ているなと思ったり。そう言えばボズの方も最近はジャズにシフトしてきている。M-11”Dance With Me”はThe Orleansの名曲。ピアノとストリングスでしっとりと聴かせる。コノ曲、いつもABBA”Dancing Queen”に似ていると思う。


旧来のファンを納得させるM-12”Love Songs”も織り交ぜつつ、M-13はBryan Adamsの”Have You Ever Really Loved A Woman?”を。思い切った選曲が功を奏した。