いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 Norton Buffalo

markrock2010-12-28

/ Desert Horizon ( Capitol / 1978 )


そう言えば昨年、ノートンバッファローが亡くなったのだった。スティーブ・ミラー・バンドのブルース・ハープ奏者として知られている彼、たくさんのセッション作品があるけれど、これは彼の2枚目のソロ・アルバムで、彼のシンガー・ソングライターとしてのボーカルも聴ける作。ジャケも地味でハーピストのインスト盤だと見られているからか、余り取り上げられないけれど、雑多ながらも曲単位では結構アタリ盤だったりする。


スタンピードというバンドを率いて、キャピトルと契約した頃。1曲目が”Echoes Of The Last Stampede”というインストなんだけど、バッファローでスタンピードというだけで、こじつけだけど、バッファロー・スプリングフィールドの幻のアルバム『Stampede』を思い出してしまうじゃないですか。さて、カントリー・ロッキンなタイトル曲の”Desert Horizon”や”Walkin’ Down To Suzy’s”を共作しているのは、当時『Livin’ On The Fault Line』ノートンの演奏が収録されたドゥービー・ブラザーズのメンバー、ジョン・マクフィー。ジョンはギターやペダル・スティール、エレクトリック・シタールなどの弦楽器で計4曲に参加している。さらに、タワー・オブ・パワー・ホーンズが参加したファンキーな”Age Old Puppet”もカッコイイ作だ。”Wasn’t It Bad Enough”は、この盤の土臭い音を予想する向きには、そう言えば1978年ってAORな時代だったなあと思い起こさせる軽快なポップ・ロック。そうそう、参加陣ではベースに自身のバンドでのリーダー作もあるジョー・シャーメイの名が見えたり。あとは”Where Has She Gone”にニコレット・ラーソンが、”Thinkin’ About You Babe”にはウィリアム・チャンプリン(シカゴ/サンズ・オブ・チャンプリンのビル・チャンプリンでしょう)とボビー・キンボールTOTO結成前後、もしかするとS.S.フールズ時代かも)がバック・コーラスで参加している。後者は意外にライトメロウなAOR佳曲!その手のコンピではいまんとこ見たこと無いから、たぶん誰も取り上げてないんじゃないかな。てか、どうでもいいけど、AORリスナーはハード・ロックは聴けど、王道のアメリカン・ロックとかイギリスのビート・バンドものとか聴かなすぎでしょ!田中康夫のせいかもしれないけれどね。近年、評論家やリスナーのタコツボ化がヒドすぎますよ。時代がもうそういう方向ににシフトしちゃったにしても。音楽好きである以上、色々聴かないとなあと自省しつつ。そうだ!来年はプログレを掘ろうかな、なーんて。


あとはジャジーな”Hopin’ You’ll Come Back”とか、気になる曲は色々ある。ラストの自作ジャズ・バラード"Anni in the Wind"を聴いてたら、いったい何のレコード聴いてたかわからなくなりました。そういうことありません?レコ屋では安い盤!