いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 Henry Gaffney

markrock2011-08-17

/ On Again Off Again ( BIGPINK / 1978 )

日本向けにエグイ再発モノを出してくれている韓国ビッグピンク。これはAORファン向けかな。惜しくも2010年に61歳で亡くなったヘンリー・ギャフニーの名盤。最近はAORものも流石に値崩れしてきて、一時期は4000円くらいしていたこの名盤も、LPで1500円くらいなら手に入るようになってはいた。


タバコをくわえたモノクロのジャケットといい、1曲目に”Mack The Knife”なんていうジャズの大名曲を持ってきている辺り、AORテイストで激シブにスウィングしてくれているのかと思いきや、MOR歌手が可愛くカバーしたような小品だった。エリック・ワイズバーグのバンジョーも入ってね。ロン・カーターのベースとの共演が語られる”There’s A Train”もスタンダードの風格。


聴き続けていくと、この出過ぎない感触がなかなか趣味が良く、味わい深い良盤でありまして。ニューヨークの雰囲気たっぷりにかみしめるようなボーカルを聴かせてくれる。作風なんかは大きく被るわけではないけれど、コーラスがS&Gっぽい”City Lights”やフェンダー・ローズのとろけるバラード”This Is It”、繊細なピアノ・バラード”There’s No Sound”なんて聴いてみると、ポール・サイモン的な印象ですな。


と思って調べていると、ヘンリー・ギャフニーはバークリーで詩作やデモ制作の講座を受け持っていたようで、死の直前、病をおしてバークリーで開催されたポール・サイモン・クリニックに参加したようだ(http://www.berklee.edu/news/1891/henry-gaffney-songwriting-faculty-1949-2010)。


“Happy End”という曲もあった。ノスタルジックなジャズで凄く良かった。あの伝説のバンド「はっぴいえんど」は、間違った英語で(まあそれはそれで、あえて採った日本的表現であり)、本来は”a happy ending”というべきだ、なーんて話があったけれど、こういう言い方もするんですな。なんだか物的証拠を手に入れた気分。


他にも、マイケル・ブレッカーのテナー・ソロが、サタデー・ナイト・ライヴのオープニングを見ている気分になれる”Breakout”とか、魅力的な楽曲が揃っていた。


ファーストは1975年の『Waiting For A Wind』。これはいぜんLPで買ったけれど、なかなか良い盤だった記憶がある。