いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

[NEW!!]週刊ダイヤモンド2020年12月5日号の佐藤優さん(作家・元外務省主任分析官)のブックレビュー 知を磨く読書第372回 に『哲学するタネ 高校倫理が教える70章【西洋思想編①】』が取り上げられました。
f:id:markrock:20210318094556j:image

[NEW!!]「読者たちの夜会」(2021/1/14 LOFT9渋谷) 2020ベストビブリオバトル にて、哲学芸人マザーテラサワさんが『哲学するタネ―高校倫理が教える70章【西洋思想編1・2】』を取り上げてくれました。
f:id:markrock:20210318093652j:image

[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
f:id:markrock:20210704101636j:image

[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image

honto西洋哲学 1位・2位に2冊同時にランクインしました(2020/10/25付)

【書評掲載】
週刊ダイヤモンド2020年12月5日号 佐藤優さん(作家・元外務省主任分析官)のブックレビュー「知を磨く読書 第372回」

2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20210704102831j:image

ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
f:id:markrock:20210704102254j:image
「halfway to a hosono house?」 ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ 「x-bijin」、ほぼ宅録による初のアルバムは、甘美なペダルスティールにのせてダニ エルが滑らかなボーカルで歌いこなす桃源郷ポップス。遠藤賢司に捧げた「グレープ フルーツ」からして初期松本隆を思わせる日本語の美しさが際立つのはなぜだろう? はっぴいえんどとポール(・マッカートニー)が産み落としたタネは、ジム(・オルーク )と出会ったペンシルヴァニアで果実となり、多摩産シティ・ポップのフレッシュジュ ースに姿を変えて、甘酸っぱい喉ごしと共に僕たちの前にある。(いしうらまさゆき)
詳細はココをクリック

11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20210704102608j:image

編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」

極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイドに掲載されました】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

斉藤哲夫 

markrock2009-01-23

/ Spinach ( ポニーキャニオン / 2009 )


発売前日に入手。聴いた当初は割とボーカルが引っ込んでるな、と感じる部分もあって。オリジナルの“グッド・タイム・ミュージック”なんかと比べちゃうとつい。ソニー時代の諸作をそれこそ擦り切れるぐらいに聴きこんできたものだから。でも、何度も何度も聴くうちに、現役の斉藤哲夫がこれだけ歌えてる、と思ったらなんだか感動してきた。うん、とても良い。ライブを観たい、と思わせられる盤。


URC〜ソニー〜キャニオン〜フォーライフ(シングルのみ)とレコード会社を渡り歩き、近年はナツメグからほぼ自主盤の趣の『ダータ・ファブラ』を発表。生田敬太郎とはFFAから共演作をリリースしたり、Birdsongからはマキシを発表…とにかくレーベルを超えたベスト盤を作るのが困難な状態が続いてきた人。それだけに、同じ質感で歌われるキャリアを代表するセルフカバーベストは、まさに長らく望んでいたもの。


バンドは『ダータ・ファブラ』でも名を連ねていた斎和重、東島正知、竹田裕美子の他、近年共にライブを行っているさがみ湘(Piano)らが参加。M-1”野澤君”では当の野澤享司がギターで参加。のっけから、フォーキーな仕上がりの本作の色を出す。M-2”グッド・タイム・ミュージック”は、本人の多重コーラスに始まる簡素な仕上がりだが、楽曲の構成の妙に次第に引き込まれていく。「クリスマスの約束」で小田和正と共演したテイクは秀逸。ちなみに、この番組への出演以降、斉藤氏の覇気がそれまでと違う気がするのは気のせいだろうか。


M-3”悩み多き者よ”は、アクースティック時代のオフコースがレパートリーにしていたもの。若き哲学者のURCを代表する名曲でもある。M-4”甘いワイン”も、中野督夫(EX.センチメンタル・シティ・ロマンス)、湯川トーベン(EX.子供ばんどエンケンバンド)、野口明彦(EX.シュガーベイブ、センチメンタル・シティ・ロマンス)らをバックにつけた『ダータ・ファブラ』に比べ、大分アクースティックなアレンジ。本曲のデモを聴くような気分になる。M-5”ダンサー”M-12”セレナーデ”は2月に初CD化される『一人のピエロ』からの曲。『一人のピエロ』はなかなかいい盤。同じく初CD化される『いつもミュージック』からは、ドゥービー・ブラザーズなタイトル曲M-10をリメイク。M-6”グッドモーニング”は2002年のマキシの再録。M-7”さんま焼けたか”は実家が大森の大衆食堂という彼のルーツを思わせる曲。オリジナルの瀬尾一三のアレンジは、後の瀬尾アレンジの長渕”俺らの家まで”のアレンジの元になったはず。ちなみに瀬尾さんはふきのとう ”風来坊”で施したフォルクローレ・アレンジをチャゲ&飛鳥 ”万里の河”で再利用したりもしている。まあどうでもいい話だが。M-8”夜空のロックンローラー”は『僕の古い友達』より。メロディ・メイカーとしての側面を存分に発揮。M-9の代表曲”バイバイグッドバイサラバイ”は、生田敬太郎との共演作でもリメイクされていたけれど、いいものはいい。M-11”もう春です(古いものは捨てましょう)”はアルバム『バイバイグッドバイサラバイ』の収録曲。中学生の頃、ちょうどCD選書でCD化されまして。懐かしい一曲だが、オリジナルよりもテンポアップしていて、その枯れた味わいもまた良し。ハイトーンは流石にキツそうだが。M-13”吉祥寺”は街のテーマソング。コレを聴きながら「Boga」に行く私の日常。


ラストはボーナス扱いで”いまのキミはピカピカに光って”。この曲は、原曲アレンジを崩さない今回のやり方が正解。鈴木慶一作曲というのも今になって聴くと、ファミリーでもあるわけだし、何ら違和感を覚えない。


“されど私の人生”は?と言う人もいるだろうが、2007年のコンピ『70’s フォークの殿堂』(PULLUP RECORDS)(http://d.hatena.ne.jp/markrock/20070528)を買うべし。”されど私の人生”と”ピエロ”の新録が収められていて、こちらもカナリの完成度!!今年は必ずライブに行こうかと。