いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]「読者たちの夜会」(2021/1/14 LOFT9渋谷) 2020ベストビブリオバトル にて、哲学芸人マザーテラサワさんが『哲学するタネ―高校倫理が教える70章【西洋思想編1・2】』を取り上げてくれました。
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
f:id:markrock:20201220114218j:image
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image

honto西洋哲学 1位・2位に2冊同時にランクインしました(2020/10/25付)
2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイドに掲載されました】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 Arthur Alexander

markrock2009-01-07

/ Lonely Just Like Me : The Final Chapter ( Hacktone / 2007 )


毎日色々なレコードを聴いているけれども、定期的に聴きたくなるレコードはそうは無い。このアーサー・アレキサンダーの遺作は数少ないその内の一枚。悲しみを乗り越えた声、とでも言おうか。どんな時でも癒される。


アーサーの音盤はと言うと、手に入るところは手に入れ尽くしたものだから(1972年のワーナー盤以降、70年代半ばにブッダから”Everyday I Have To Cry”のシングルなんかがちょこっと出た位で、以後は遺作まで音沙汰が無かった)、もう新しい歌声は聴けないかと思っていたのだが、こんな嬉しい再発盤が一昨年に出た。入手したのは昨年。都合この盤は3枚買ってしまったことになるが、元の12曲に加えて多くのボーナストラックを含んでいるということで、ファンならば少なくとも買いだろう。


元のアルバムの12曲については、曲順がプロデューサーであるベン・ヴォーンが当初意図していた形に変わっている事と、リマスターされた事の他、一聴して大きな変化は無いので、以前書かせてもらったレビューに負うとしよう(http://d.hatena.ne.jp/markrock/20060110)。とりあえずボーナス音源の検証を。


まずは1993年、アメリカの公共放送局NPR(Nationai Publis Radio)の人気番組“Fresh Air”に出演した際の唯一のプロモーション用インタビュー&ライブ音源。代表曲M-14”Go Home Girl”、M-18”You Better Move On”、M-20”Every Day I Have To Cry”、そしてM-16"Genie in the Jug"を演奏。ボビー・ジェイのリード、ベン・ヴォーンのリズム・ギター、マイク・ヴォーグルマンのベース、セス・ベアーのドラム、という布陣。音質はかなり良い。


さらには"The Hotel Demo"。これは、1991年12月にクリーヴランドのホテルでプロデューサーのベン・ヴォーンが初めてアーサーと会った際に録られたデモ音源だ。ベンのギターに合わせて歌うアーサーをマイクでざくっと拾った、空気感のある音だが、面白いのは、アーサーがニール・ダイアモンドのファンで、M-21”Solitary Man”をアルバムに入れたがり、デモを録っていたと言うこと。結局入らなかったわけだけど、なかなか良いテイク。マイナーメロに映える歌声だということを本人も自覚していたのかどうかは、わからない。他はM-22”Johnny Heartbreak”、M-23”Genie in the Jug”、M-24”Lonely Just Like Me”というアルバムに収めた楽曲のアクースティックデモ。


そしてラストは、待ってましたとばかり、1991年のボトムラインにおける復活ライブで披露したM-25”Anna”。ドニー・フリッツのエレピとジョン・タイヴンのアコギに合わせて歌うアーサー。その会場に居た誰もが、こんな才能を10数年にもわたり埋もれさせてきたことを後悔したに違いない。ここに居合わせたエレクトラ/ノンサッチ・レコードのダニー・カーンが新作のハナシを持ちかけたのだった。ちなみにこの音源自体は既出。1994年のコンピ『In Their Own Words Vol.1』の初っ端に収録されていた。そうそう、この曲の後にひっそりと収録されたM-26は、クレジットナシのシークレットトラック。アカペラで聴かせる作品で、件のホテル・デモの一部と推測できる。


てなわけで、この再発盤、名付けて”The Final Chapter”。これが最終章と言うに足る作品!写真立て風のアートワークも良い。レコーディングのスナップや宣材も付属。音楽業界に落胆して故郷に帰り、信仰とバスの運転手と言う仕事に人生を捧げていた彼を、音楽の世界に呼び戻すまでの歩みと、久々のカムバックにナーバスになる彼を気遣う周囲の気持ちを痛いほどに感じさせる、プロデューサーの涙ながらのライナーも必見。ダン・ペン、ドニー・フリッツという旧友を従えて、かつて録音したあの名曲”Rainbow Road”の再収録を試みようとしたらしいが、殺人を犯して隠遁していたと思われたくなくて、アーサーが収録を断ったため、永遠にオクラ入りした、などというエピソードなども興味深かった。


1993年、ここに収めた復活アルバムのプロモーション・ライブの2ヶ月後に体調を崩して亡くなったアーサー。カムバック後の世間の再評価を「大昔に蒔いた種は良い種だったように思える」なんて受け止めていたようだし、こうして素晴らしい遺作を残せたわけだから、幸せな最期だったのではないだろうか。彼の人生も含めて、アーサー・アレクサンダーを聴いていると切ない気持ちにさせられる。