いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
[NEW!!]編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Joni Mitchell & James Taylor

markrock2008-01-15

/ The Circle Game ( WT 5110 / 2007 )
/ One Man Band ( 2007 )
/ Shine ( 2007 )


出た時の印象を言えば、ウーン、胡散臭い、とマアそんな印象の共演ライブ盤。1970年、ロンドンはロイヤル・アルバートホールでの音源。一応ブートじゃなく正規盤です。音としては既に聴いたことがあるものも多いのだが、ライブを通した臨場感みたいなものも感じられる。最近出たジェイムス・テイラーの、CD&DVDでの弾き語りライブ盤『One Man Band』のMCでも触れられていたけれど、JTとジョニの蜜月期を収めたブツだ。


ちなみにそのJTの新作ライブ盤、DVDも付いていてお買い得なわけだが、その出来にはかなり不満足。曲を作った時の思い出なんかと共に聴くJTの名曲は確かに格別なのだが、ボーカルのコンディションが十分とは言い難い。あの”Fire and Rain”や”You’ve Got A Friend”ですら全然歌えてないのだから、結構深刻。マアそれだけ深く聴きこんだJTだからこそ、気になってしまうのだけど。


一方、近年のジョニはと言えば、ハービー・ハンコック単独のトリビュート作や、ビョークやプリンス、エルヴィス・コステロにカエターノ・ヴァローソら多数のアーティストが参加したトリビュート作など、引退宣言をすればするほど高まる評価…というワケで昨年はHear Musicから5年振りの新作『shine』をリリース。やはりこの才能を世間は放っておかない。「アリー・マイ・ラブ」のクリスマスソング集なんかにも収録され、JTはじめ最近ではマイケル”Summer Rain”モンローも新作でもカバーしてスタンダードになりつつある”River”なんて本当にジョニの才能を再確認させられる名曲だったし。


『Shine』の中身はと言うと、70年代からのファンだったらまず、M-6”Big Yellow Taxi”の再録に目を奪われるだろう。ジョニ自身のアコギも往時のビートを保っている。声は少し太くなったけれど、この曲のメッセージが現代にも失われていないことに気付く。7分余りに及ぶタイトル曲M-9”Shine”にはただただ感動。大地と融合するかのような落ち着く音。ジャケも凄いよ、コレ。


さて少々脱線したが、ここで本題に。そんなジョニやJTの、才能を開花させた若かりし頃のライブ、悪いわけがないのだ。音もかなりクリアだし。JTは再デビューを飾って間もない頃と言うこともあり、アップル時代の盤からM-7”Carolina In My Mind”、フライングマシーンでも音源が残っているM-3”Rainy Day Man”なんかを披露。M-7に引き続いてプレイされるジョニのM-8”California”なんていい感じですヨ。


感動的だったのは、CDのタイトルになっているM-10”Circle Game”とM-11”You Can Close Your Eyes”のデュエット。シンプルな音の屋台骨になっているのはやっぱりJTか。JTと銀色の歌声とJ-50の低音。この組み合わせが一つの時代を作ったのだ。