いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190909172121p:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20191115033300j:image
[NEW!!]編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。 ●定価:本体3000円+税●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。 『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!! ●石浦昌之著 ●定価:本体2500円+税 ●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック

となりきんじょ 

markrock2008-01-19

/ ロマンティックマシーン ( Bellwood / 1976 )


ベルウッドのCD再発モノの中でも、コアなフォークファンが買うのを躊躇いそうな盤を。


宇都宮出身のフォークデュオ、「となりきんじょ」の唯一作。佐々木マキの印象的なジャケットが目を引く。全ての編曲を石川鷹彦が手がけ、クリアなアコギ中心の音作りは特筆すべきところ。


しかしこの盤、A-2”六月の風”やシングルに切られたB-3”人形の夢”など、「とんぼちゃん」なんかを思わせる毛塚昇の歌謡タッチの楽曲がどうしても目立つ。当時も彼の曲の方がポピュラリティを得られただろうことは想像に難くない。


しかし、むしろ注目すべきはもう一人のメンバー、寺内仁実の手がけた楽曲なのだ。ナント、モロにGAROフォロワー、特にマークこと堀内護を思わせる作風なのである。


白眉はタイトルからしてCSN経由のガロサウンドとわかるA-5”青い眼の木馬”。”暗い部屋”を思わせるアクースティック・ロック。なかなかカッコイイ。トゥルルルットゥットゥ、なんてなコーラスも飛び出すわけで、これだけでも買い!その他にもアコギが爽やかなA-1”生きているから”、マークかと思ってしまうB-6”君の夢の中で”なんかも良い。デビュー当初のアルフィーもかなりマークっぽいのだけれど。