いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Roger McGuinn

markrock2008-01-13

/ Limited Edition ( AFP 0401 / 2004 )
/ The Folk Den Project 1995-2005 ( AFP0402 / 2005 )


まったく迂闊だった。マッギンが亜米利加の伝承フォーク/ブルーズを自前でレコーディングし、mp3音源はじめギターコードや歌詞にまで至る公開を行っている”Folk Den”の活動はモチロン知っていたのだが、サイトで新作アルバムを発表しているとは…バーズファン失格ですね。しかも昨年末は7弦ギターのプロモで来日&ライブ(http://jp.youtube.com/watch?v=P85dCdgSc0E)までしていたわけだし、これにも気付かなかったワタシはホント、ファン失格です…


まあそんな気分にもなる程、この新作は見事な出来。まずM-1では、マッギンにリッケンバッカーの12弦を弾かせるキッカケになったビートル・ジョージの”If I Needed Someone”を披露。思い返せば映画“A Hard Day’s Night”がアメリカのフォーク青年にエレキを持たせたのだった。全く時空を超えているバーズ・サウンドに酔う。続いてはメドレーっぽくオリジナルのバーズ風ロックンロールM-2”Parade of Lost Dream”が。さらにトラッドM-3”Shady Grove”ではヒップホップっぽいトラックに古謡のマイナー調のメロを載せてくる。成果はともかくマッギンのオトロエを知らぬ創作意欲に感心。


単純なロックンロールM-4”James Alley Blues”も楽しい。やはりエレクトリックサウンドとエコーをかけたマッギンのボーカルの相性は抜群。フォーキーなリッケン12弦曲M-5”On And On”ではメロディメーカーとしての才能を再確認。メジャーでの1991年作『Back From Rioと比べてもクオリティは落ちていない。さらに、M-9”When The Saints Go Marching In”(聖者の行進)はバンジョーとアコギで聴かせるが、これはFolk Denの流れ。M-12のアコギ12弦インスト”Echoes Live”はライブならではの緊迫感が良かった。ミュージシャンでは、スタン・リンチ(バーズ・フォロワーとして知られる亜米利加の国民的バンド、トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズの元ドラマー)、ジョン・ジョーゲンソン(クリス・ヒルマンとのデザート・ローズ・バンドで成功した腕利き)らが参加。


ところで本作に収録されているM-9やM-12”Saint James Infirmary”は、Folk Denで1995年から2005年に取り上げた曲のうち、特にマッギンお気に入りの100曲を収録した4枚組『The Folk Den Project 1995-2005』にも併せて収録されている。この4枚組は、サイトからのダウンロードでは音質面で満足がいかなかった楽曲も割とクリアに聴き取れるため、フォーク/ブルーズのアーカイブとしても有用。ファンなら買い!でしょう。そこまで高くもないし。



http://www.ibiblio.org/jimmy/mcguinn/