いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
[NEW!!]編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

山田タマル 

markrock2007-02-08

/ 回廊 ( BMG / 2006 )



2005年より流れた資生堂マキアージュのCMソングM-1”My Brand New Eden”がどうにも気になってしまっていて。「My Brand New Eden ひとさじで」って言う歌詞がどうにも「毎晩脱いで きっと刺して」と聴こえてしまう。なんだかエロティックなイメージを喚起させるこの歌、’60s〜’70sな雰囲気がなんとも懐かしい。ビートルズっぽいかと思えば、シーカーズの”ジョージー・ガール”みたいだったり、エレクトリックシタールって言う個人的にはそれだけでご馳走様、ってな楽器が入っていたり。アレンジの元ネタ探しをする気もしませんが、12弦の間奏とかもたまらん。クレジットを見るとやはり曲は中谷靖という外部ライター。勝負曲ナリ。


本盤はメジャーデビューのミニアルバムだが、曲がほんと良い。レトロポップ好きにはたまらないものがある。M-2”IRONY”にはビーチボーイズ”Good Vibration”のテルミンフレーズが飛び出したり。とは言え今のチャートを意識した音作りに纏めてるところは流石。


さらに、M-3のバラード”各駅停車の恋”がとてもいい。かなりオーソドックスな王道ピアノ系J-POPなのだが、たぶん生で聴いたら意味も無く泣くと思う。サビ、小田和正的なマイナーの収束が泣きを生む。M-4”ハイヒールの丘”はタマル自身によるメジャーセブンスなアコギカッティングが印象的だが、これが本来の色かも。さらにM-5”手”は映画『ユメ+夜』主題歌だと言うが、ちょっと若作りか。このエイティーズな音も元ネタは…と言いたくなるが、我慢しよう。M-6”さよならドミノ”はレゲエビート。なんだか切ない気分になる。ラストM-7”秘密の静寂”はドライブ感アリ。だが、ううむ、ヤハリ冒頭3曲が良かった。


メジャーデビュー前、江戸屋レコードからのミニアルバムも聴いてみたが、そちらはイマイチ。イメチェン?とすら感じられた。今ノリに乗っている所恐縮ながら、弾き語りで改めて聴いてみたい人。エミルー・ハリスやウィリー・ネルソンを聴いていたらしいし。