いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
[NEW!!]編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Ramblin’ Jack Elliott

markrock2007-02-07

/ I Stand Alone ( Anti / 2006 )


御歳75歳のホーボー歌手、ランブリン・ジャック・エリオット。これは昨年、ひっそりと7年ぶりに出されたオリジナル盤。ジャックはディランの師匠格として知られているが、個人的には昨春公開された好ドキュメンタリー『No Direction Home』http://d.hatena.ne.jp/markrock/20060211)のサントラに収録されたジャックとのデュエット版”Mr.Tambourine Man”が聴けたことでジャック探求は一仕事終えた感もあった。しかし、つい先日エリック・フォン・シュミットが亡くなったこともあり、ふと昨年買ったまま忘れていたジャック盤を取り出した次第。


とにかく16曲、32分間しかない(たった19秒と言う高田渡並の曲もアリ)が、人間国宝級の名演。どの曲が良いとか言う次元を超越。そこにいてくれればそれだけで良いと言う。タイトルも『I Stand Aloneだし。とは言えバンドが入ったものも5曲。バンドにはレッチリのFleaがベースで参加。バンドものもギターとドブロがカナリ、ゴキゲンです。他は基本的には生々しいくらいの弾き語り。ピッキングも滑らか。声も味わい深い。


ところでこの盤を出してる「Anti」って、トム・ウェイツ、ニック・ケイブ、ダニエル・ラノア、ジョー・ヘンリー、マリアンヌ・フェイスフルなんかが現在在籍しているレーベル。他にはソロモン・バークマール・ハガードと言った巨人もいますんで申し分ナシ。


ロス・ロボス David Hidalgoのアコーディオンが入ったM-2”Arthritis Blues”、ホーギー・カーマイケルのM-6”Hong Kong Blues”(細野さんも演ってます)、ルシンダ・ウィリアムス姉御とのデュエットM-9”Careless Darling”(アーネスト・タブ曲)、ディランな印象のあるトラッドM-15”Honey ,Where You Been So Long”なんかが耳に残る。カーター・ファミリー、シスコ・ヒューストン曲も含む。そうそう、ラストの語りモノM-16”Woody’s Last Ride”はウディ・ガスリーとの最後の思い出を90秒で。アンビエントな味付けがラストに妙な感傷を残す。


死ぬ前のジョニー・キャッシュアメリカンレコーディング四部作なんかを思い出しつつ。ちなみにグラミーを取った(ほぼ功労賞?)1994年作に次ぐ1997年の『Friends of Mine』(アーロ・ガスリー、ピーター・ローワン、ロザリー・ソレルズ、トム・ウェイツ、エミルー・ハリス&ナンシー・グリフィス、ジェリー・ジェフ・ウォーカー、ガイ・クラーク、ボブ・ウェア参加)は地味ながら必聴!