いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Gordon Waller

markrock2007-02-11

/ …and GORDON ( ABCX 749 / 1972 )



ピーター&ゴードンの片割れ、ゴードン・ウォーラー唯一のソロ作。これがまたフォーク/カントリー系SSWファン必携の好盤!!ピーターがいなくて “and Gordon”というタイトルが笑えるが、そうでも言っておかないと、裏ジャケのボサボサ長髪に髭面がゴードンだとは判らない。


ピーター&ゴードンと言えば、ピーター・アッシャーの妹がポール・マッカートニーと付き合っていた関係で、“A World Without Love”や“I Don’t Want To See You Again”と言うレノン&マッカートニー曲をレコーディングする幸運に与った二人。遅れてきたイギリスのエヴァリー・ブラザーズと言った感じか。そう言えばエヴァリーで思い出したが、ピーター&ゴードンのデビュー盤『In Touch With…』に収録されていたトラディショナル”Barbara Allen”と”Willow Garden”の2曲、同じくエヴァリー・フォロワーであるS&Gの片割れ・アート・ガーファンクルが1973年に初のソロ作『Angel Clare』で同様取り上げていた。


さて中身だが、A面はゴードンの自作曲で纏められ、早速個性を発揮。冒頭A-1”The Saddest Song”からすでに激甘のカントリーサウンドが繰り広げられる。エリック・ワイズバーグ&ザ・デリヴァレンスのギタリスト、チャーリー・ブラウン(自身も名ソロを残している)のソロが最高。エリックももちろん参加。本作のプロデューサーは当時White Cloudで活動していたトーマス・ジェファーソン・ケイ(ちなみに彼の70年代前半のソロ2枚、スティーリー・ダン・ファンには見逃せない)だが、この盤はそのWhite Cloud勢がバッキングを務めている。エリックやチャーリーもWhite Cloud盤に参加していた。その他A面はA-2”I Won’t Be Your Man”も佳曲。


B面に行くと、こちらはトーマス・ジェファーソン・ケイのB-1”Rocky Road To Clear”(バンジョーが入るが流石にスワンピーさもアリ)、B-4”Collection Box”やラウドン・ウェインライトⅢのB-3”Be Careful. There’s A Baby In The House”など外部作が主。自作はピーターとの共作B-4”Stranger With A Black Dove”のみ。メロウなフォーキーサイド(A面)とこちらスワンピーサイド(B面)は好みが分かれるところかも。個人的にはダンゼンA面!


本作、コーラス参加ではジーン・マクダニエルズの顔も見える。ゴードンは地味と言うか、ジェイムス・テイラーリンダ・ロンシュタットを手がけて名プロデューサーになっていったピーター・アッシャーとは対照的な印象。個人的には本作、ライチャス・ブラザーズで言うところのボビー・ハットフィールドの唯一のソロ盤なんかと同様の位置付けか。