いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

[NEW!!]週刊ダイヤモンド2020年12月5日号の佐藤優さん(作家・元外務省主任分析官)のブックレビュー 知を磨く読書第372回 に『哲学するタネ 高校倫理が教える70章【西洋思想編①】』が取り上げられました。
f:id:markrock:20210318094556j:image

[NEW!!]「読者たちの夜会」(2021/1/14 LOFT9渋谷) 2020ベストビブリオバトル にて、哲学芸人マザーテラサワさんが『哲学するタネ―高校倫理が教える70章【西洋思想編1・2】』を取り上げてくれました。
f:id:markrock:20210318093652j:image

[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
f:id:markrock:20210704101636j:image

[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image

honto西洋哲学 1位・2位に2冊同時にランクインしました(2020/10/25付)

【書評掲載】
週刊ダイヤモンド2020年12月5日号 佐藤優さん(作家・元外務省主任分析官)のブックレビュー「知を磨く読書 第372回」

2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20210704102831j:image

ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
f:id:markrock:20210704102254j:image
「halfway to a hosono house?」 ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ 「x-bijin」、ほぼ宅録による初のアルバムは、甘美なペダルスティールにのせてダニ エルが滑らかなボーカルで歌いこなす桃源郷ポップス。遠藤賢司に捧げた「グレープ フルーツ」からして初期松本隆を思わせる日本語の美しさが際立つのはなぜだろう? はっぴいえんどとポール(・マッカートニー)が産み落としたタネは、ジム(・オルーク )と出会ったペンシルヴァニアで果実となり、多摩産シティ・ポップのフレッシュジュ ースに姿を変えて、甘酸っぱい喉ごしと共に僕たちの前にある。(いしうらまさゆき)
詳細はココをクリック

11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20210704102608j:image

編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」

極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイドに掲載されました】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Run C&W

markrock2007-01-30

/ Into The Twangy-First Century ( 1993 )
/ Row Vs. Wade ( 1994 )



ブルーグラス好きでソウル好きならコレ程ツボな盤はない。ソウルミュージックの超が付くほどの有名曲をブルーグラスアレンジで痛快に仕上げている快盤!バンド名はRUN D.M.Cから頂き、ジャケでもラッパー気取りのオフザケっぷり。2in1のCDが昨年出たので購入。バーンズ・ブラザーズなる覆面兄弟を名乗っているメンバーが凄くて、元イーグルスのバーニー・リードン、アメイジング・リズム・エイスのラッセル・スミス、さらにヴィンス・ミレイムドにジム・フォトグロ!!


ジム・フォトグロと言えば80年代初頭にポップソウルなAOR名盤3枚を残しているが、その後もダン・フォーゲルバーグのツアーバンドでベースを弾いたり、ナッシュビルでソングライターとしてダート・バンドに提供した”Fishin’ In The Dark”をカントリーチャートNo.1に送り込んだりと確実に実績を積み重ねている人物。ヴィンス・ミレイムドはトリーシャ・イヤウッドとドン・ヘンリーのデュエット”Walkaway Joe”やティモシー・B・シュミットの”Something’s Wrong”なんかを書いたライター。


さて、本当に全編痛快な限り。まず一枚目『Into The Twangy-First Century』。 A-2”Walkin’ The Dog”ではソウル/ブルーズのルーツがカントリーと繋がっていることを早速理解。A-3のメドレー(What’d I Say / Superstition / Stop In The Name Of Love)には笑う。レイ・チャールズの”Hey〜Ho〜”が牛やニワトリの鳴き声に。”迷信”のスティーヴィーリフもなんなく乗り切り、シュープリームスはこう来たか、と。パロディものでも確かな演奏力に脱帽。さらに3拍子になった長閑なM-4”My Girl”も良い!特に気に入ったのはサム&デイブ M-6”Hold On I’m Coming”! 擬似ライブ形式になっており、なぜか逆パターンだが映画ブルース・ブラザーズの“ローハイド”演奏シーンを思い出した。昨年惜しくも亡くなったJBもの”I Feel Good””Please, Please, Please”もA-7、A-8のメドレーでそれぞれ披露。A-8はブルーグラス・クラシック”Wildwood Flower”のメロを”In The Midnight Hour”に挿入すると言うアイデアも。A-9のオーティスメドレー(Can’t Turn You Loose / I’ve Been Loving You Too Long)のタイトル”Bill’s Medley”ってもしやライチャス・ブラザーズの片割れ“ビル・メドレー”のこと?ボーカルをビルに似せてまではいないが、芸が細かい…。


二枚目『Row Vs. Wade』ではM-13”Reach Out, I’ll be There”、M-15”Signed, Sealed, Delivered ( I’m Yours )”なんかが印象に残った。M-17”Spanish Harlem”、M-19”Chain Of Fools”、M-20”Bring It Home To Me”と言うベタベタ選曲には変わりナシ。ただし、2作目で打ち止めになったのも理解。流石にオナカ一杯、と言う。しかし演奏力はあくまで確か。カントリーロック世代のヤワラカイ感性の賜物かと。


ところでブルーグラスで他ジャンルの曲を演奏すると言うアイデアは、リヴィングストン・テイラーのライブなんかでもあったけど、コッチが先か?まあ昔からインスト盤なら試されていたものと思うが。