いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
[NEW!!]編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Art Garfunkel

markrock2007-02-01

/ Some Enchanted Evening ( Atco / 2007 )


楽しみにしてました…アート・ガーファンクルの新作!輸入盤が出た。国内盤リリース情報はまだ出ていないのだが早速購入。ボーナストラックがあったら買い直すか…鬱だが。


個人的にアート・ガーファンクルと言えば音楽の裾野を広げてくれた大恩人。S&G絡みをコンプリートにするコト、高校生の頃、自らに課せられた使命だと思ってました。サイモンは自作自演歌手だったが、アーティは純粋なボーカリスト。ただし自らの声に見合った楽曲を探してくる勘がとにかく尋常じゃなかった。例えば一番相性の良かったジミー・ウェッブはじめ、スティーヴン・ビショップギャラガー&ライル、クリフォード.T.ワード、ロジャー・ニコルズアルバートハモンド、エリック・カズ、アダム・ミッチェル、ジュールズ・シアー、マイク・バット、ピーター・スケラーン、キャット・スティーブンスジョン・セバスチャン、スティーヴ・イートン…。アーティスト単位というよりも、繊細でロマンティックなアーティの肉声を最大限生かせる「楽曲」単位で選び取るセンス。スティーヴィー・ワンダーでも敢えて”I Believe”を選曲したり。しかしそれにしても、私自身の音楽の好みとほぼ一致している顔ぶれであること、つまり「アーティ探索」が私の趣味志向の礎となったこと、に改めて驚かされるのだ。


さて前置きが長くなったが、本作はS&G再結成を挟んで久々のソロ盤(前ソロ作はマイア・シャープ、バディ・マンドロックとのトリオ盤)。2枚目のソロアルバム『Breakaway』(1975)に次ぐリチャード・ペリー・プロデュースの大甘なポピュラーボーカル王道盤に仕上がっている。なぜかロビー・ロバートソンにスペシャル・サンクス。チェット・ベイカージョニー・マティスの影響下にあることをアーティ自身種明かししている。(そう言えばアーティの『Up ‘Til Now』に収録された新録数曲と同じ質感を持つジョニー・マティスの盤は『In The Still Od The Night』)参加陣は手堅いスティーブ・ガッド、ボブ・グローブ、ディーン・パークス、アレックス・ナヴァロなど。前作のお供、マイア・シャープがテナー・サックスで参加している。


しかし、ディーン・パークスのギター(アコギ・エレキ)が効いていて、よくある単なるボーカル盤にはなっていない。S&G以来のフォーキーなアコギとボーカルの相性の良さを織り交ぜている辺りがニクイ。かと言って1997年作『Songs From A Parent To Child』に感じた安っぽさは消え失せ、ゴージャス感もあるし、最高に良い。まあでも『Songs From A Parent To Child』ジョン・セバスチャンのギター&ハープで歌う”Daydream”などが入っており捨て難かった。


アコギでスタート、冒頭M-1”I Remember You”から個性を発揮。一時期衰えたかに思われた声も、全盛期の艶を取り戻している。ガーシュイン M-2”Someone To Watch Over Me”もガットギターにストリングスが絡む冒頭でとろける。M-3”Let’s Fall In Love”ではガッドの粋なドラムスとアーティの高音が見所。ドゥ・ワップっぽい循環コードとこの人の声は実に合う。そう言う視点で言えばドリーミーなドゥ・ワップM-11”Life Is But A Dream”なんかも即死モノ。あと、M-4”I’m Glad There Is You”みたいなプログラミングが入った数曲もそうそう悪く無い。90年代の諸作と似た質感か。『南太平洋』のM-9”Some Enchanted Evening”も打ち込みだが、コンテンポラリー感を出そうとしたものだろう。生音に拘りエコー薄めにすると意外とジジ臭い音になることはココ10年の試みで実証されているし。ラストM-13”If I Loved You”も簡素なバッキングで透き通る歌声を味わえる。


うーむ…早速愛聴盤になりそう。。アーティの歌うスタンダードの良さ、以前から彼がちょこちょこトライしてはいた路線だが、個人的にそもそもは『恋愛小説家』サントラでの”Always Look On the Bright Side Of Life”(モンティパイソンだけどね)で味を占めた。素材はいくらでもあるわけだし、この路線、もっと演って欲しい!!