いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
[NEW!!]編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Mary Travers

markrock2013-05-24

/ All My Choices(Warner / 1973 )


大興奮のFDR日記を。先日もなにげない平日に立ち寄ってみた下北沢フラッシュ・ディスク・ランチで素晴らしいレコード達に出会えた!


800コーナーではアルバート(アル)・ゴーゴニ・プロデュース、EvolutionからのGloria LoringSing A Song For The Mountain』(シールド盤)、CCRという印象のあるFantasyからのRedwing『Same』、ジミー・ホロウィッツ・プロデュースでロンドン録音の女性SSW、Joyce Everson『Crazy Lady』(1972年Warner盤、レスリー・ダンカン、ピーター・フランプトン参加)、ダイアナ・ロスは居ないThe Supremesの1976年盤『High Energy』(3人のサイン入)、The Dillardsの1979年盤『Decade Waltz』(コレはとっても良かった!ハーブ・ペダーセン・プロデュース。)など。


そしてそして、何故か今まで見たことがなかったPP&Mの故Mary Traversの『All My Choices』(1973年)のシールド盤を入手。コレは嬉しかったなぁ。40年の時を経て開封したが、期待通りの盤。ミルトン・オクンのプロデュースでアシスタント・プロデューサー&エンジニアが惜しくも最近亡くなったフィル・ラモーンでこれまた今年亡くなったギタリストのヒュー・マックラケンも参加している。バリー・マンの”Too Many Mondays”やクロスビー&ナッシュの”Southbound Train”、ジョン・デンヴァーの”Goodbye Again”にジャクソン・ブラウンの”Doctor My Eyes”をカバーしている。そしてDavid Buskinを3曲取り上げているのも特筆すべき。PP&Mの当たり曲”Five Hunderd Miles”もソロで再録している。”All My Trials”ならぬ”All My Choices”てのも良いです。ボーカリストとして好きな曲を選んだのかな。個人的にはドツボなSSW風味の大充実盤!


さらに100円盤が信じられない程の大充実で今月のアドレナリンを全て出し切る。Atlanta Rhythm Sectionの1976年盤『Red Tape』、つい最近もレーベル契約に伴う新作リリース予定が話題になったJack Bruce『How’s Tricks』Jack Bruce Band名義、1977年、当時のクラプトンと同じRSOより。)、ヴィンス・ギル在籍のカントリー・ロック・バンドがウェスト・コーストAOR風にちょっと変身した『Can't Hold Back』、Van McCoyの『My Favorite Fantasy』(1978年)、Carmine Appiceの1981年の同名ソロ『Same』Linda Ronstadtの名作でよく考えてみたらまだアナログ時代だったんかい、という『For Sentimental Reasons』(1986年、ロッド・スチュワートにも先立つネルソン・リドルとのスタンダード集)、CreamのAtcoからの定番『Goodbye』、なんだかアナログで聴きたい気分だったBoz Scaggs『My Time』『Moments』(後者は特に大好きなアルバム)、コレは驚きの2枚組100円というThe Allman Brothers Band『At Fillmore East(”Statesboro Blues”でいつもぶっ飛ぶ!)とディッキー・ベッツ活躍の『Win, Lose Or Draw』、数枚目、かもしれないが手元に見当たらなかったEaglesのファースト。そしてダンヒルものではスティーブ・バリ・プロデュースの好ボーカル・トリオHamilton, Joe Frank & Reynoldsの同名盤『Same』、最高に良かったThe Grassroots『Let’s Live For Today』。この辺りは90年代にCDでよく聴いていた。ボブ・クルー・プロデュースの好ボーカル盤を残す男性シンガーOliverの『Oliver Again』は自宅で行方知れずになっていた盤。嬉しい。Waylon and Willieの『WWⅡ』(カントリー界の大御所二人の頭文字を取って”第二次世界大戦”ってタイトルは物騒すぎます…)はジミー・ウェッブの”Mr.Shuck And Jive”のカバーが聴きたかった。あとはNils Lofgrenの『I Came To Dance』A&Mからの1977年盤)、Jan & Deanのライブ『Live In Person』(Libertyより)、Conway TwittyなのにAORな雰囲気の1983年盤『Lost In The Feeling』ジェフ・バリーとの共作を多く収めたNino Tempo & 5th Ave.Saxの『Come See Me ‘Round Midnight』、Rod McKuenの2枚組ベスト『Love Songs』、ジェリー・フラー曲を収めたソウル歌手Al Wilsonの『La La Peace Song』(1974年盤、ポール・ウィリアムス/ロジャー・ニコルズ曲のメドレーは既にFDRでシングル盤を入手していた)も素晴らしかった。


てなわけで今月も幸せなリスニング・ライフを送れそう!シングルも10円盤〜100円盤まで30枚ほどを選び取ったけれど、こちらはまたの機会に!ありがとうFDR!