いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Rod Stewart

markrock2006-10-12

/ Still The Same…Great Rock Classics of Our Time ( J-Records 82641 / 2006 )


ここの所日本でも徳永英明とか数年前の井上陽水とか、オリジナル楽曲に拘りを持ってきたアーティストによる懐メロカバー集ってのが相次いで企画されてます。この流れは、かつてからもちろん見られたもの。ただし、そもそもはあくまで楽曲に恵まれなくなった実力派歌手の仕事であったわけで、大御所と言われるレベルのボーカリスト、しかもビートルズ以降、自作自演を矜持としてきたロック(ポップと言うより)フィールドに属する大御所がカバーに手を染め始めると言うのは90年代以降の傾向。これは文学にしても映画にしても芸術全般の諸分野において、オリジナルを茶化すパロディが一世を風靡した80年代を経て、もう新しい表現形態が出尽くしてしまったことによるものでしょう。ある意味禁じ手だったんだが。

そういうことで言うと、ジェフ・ベック・グループやフェイシズなんかでバリバリ70年代ロックの最前線にいたロッドさんは変わり身が早かったミュージシャンの代表格。まあイギリスの芸能界では「ケチ」さがネタになってもいますが、その歳を重ねても変わらぬゴージャス感が郷ひろみと同様の存在感を誇っているわけで、ロック歌手としての拘りなんてコレッぽちもないんでしょうし、ガンで喉を手術したせいで声が思うように出なくなったこともスタンダード集に向かわせた一因と思われます。

4作出したスタンダード集『The Great American Songbook』シリーズ、しかしバカ売れしました。毎回豪華ゲストも絡み、極上の仕上がり。プロデュースはアリスタレーベルでバリー・マニロウを育てた王道ボーカリスト好きのクライブ・デイヴィス、B.J.トーマスやバリー・マンとの仕事で名作を残し、自身も90年代に入りジャズボーカリストとして大成功したスティーブ・タイレル、そしてリチャード・ペリー、ビリー・ジョエルらを手がけたフィル・ラモーン…。

今回の新作は同様のプロダクションで70年代〜80年代のポップ・ロッククラシックスを歌うという企画。(プロデュースはジョン・シャンクスでクライヴは後見人) 絶対これもシリーズ化するつもりだと私は踏んでいます。商魂逞しい人達です。

さて、冒頭CCRM-1”Have You Ever Seen The Rain(雨を見たかい)”なんかはソウルフルなロッドのボーカルに合わせた嵌り曲。オリジナルに即したアレンジで。同じくイーグルスのM-9”The Best Of My Love”なんかも、しゃくりあげるような細く高い歌声がドン・ヘンリーと被ってなかなか。ディランのM-10”If Not For You”やエヴァリーのM-11”Love Hurts”、デヴィッド・ゲイツとクリソツに歌い上げるブレッドのM-12”Everything I Own”、ラストのヴァン・モリスンM-13”Crazy Love”ではアクースティックな音楽との相性の良さを見せ付ける。ただし、音はそこまでアクースティックでもなく、悪く言えば装飾過多で豪華な音になってますが。通して聴けば”Crazy Love”が一番沁みたかも。

そうそう、M-8”Father & San”はイスラム教に改宗してしまったためクレジットはユセフ・イスラムになってますがキャット・スティーブンスの曲。伸びやかな歌声がかなり良い。他はエルヴィン・ビショップのM-2”Fooled Around And Fell In Love”、プリテンダースのM-3”I’ll Stand By You”、ボブ・シーガーのM-3”Still The Same”、バッドフィンガー!のM-6”Day After Day”(これは無茶苦茶良かった)、ジョン・ウェイトのM-7”Missing You”を収録。そう言えば、収録が予定されていたジャクスン・ブラウンの”Doctor My Eyes”はどうなったのか??まさか日本盤ボーナスか?どうでもいいけど、日本盤ボーナスはセコイからやめて欲しいものです。まだ発売されてませんが、UKのボーナストラックは"Lay Down Sally"。熱心なファンの方はお買い求めを。私はそれほどでもありませんが。

ライナーのラストを見るとこの盤、ロング・ジョン・ボールドリーに捧げられてました。