いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。 『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!! ●石浦昌之著 ●定価:本体2500円+税 ●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック

Scott Jarrett

markrock2006-06-21

/ Without Rhyme Or Reason ( GRP 9518 /1980 )


キース・ジャレット実弟、スコット・ジャレットの唯一作。これがSSWファンにはたまらない内容。CDで愛聴してきた盤だったが、先日100円箱でLPを発見し、思わず買ってしまった。GRPということで、デイブ・グルーシン始めマーカス・ミラー、ラルフ・マクドナルド、そしてキース・ジャレットなどフュージョン、ジャズミュージシャンがバックを務めるが、スコットのテイストはあくまでフォーク。絶妙なバランスでフュージョンの音とアコギがブレンドされている所がニクイ。

A-1”Miles Of Sea”はアコギのアルペジオがくっきりしていて、サビではクリアなコーラスが気持ちいい。メロがちょっとクロスビー&ナッシュみたい。A-2”I Was A Fool”はマーカス・ミラーのチョッパーがアコギと絡むのが新鮮。AOR的な音で、イングランド・ダン&ジョン・フォード・コーリーが割とかっちりしたバッキングを付けた時を思わせる。A-3”Never My Fault”ではキースのピアノが彩りを添える。サンバっぽいタイトル曲A-4がカッコイイ。アコギでのギターソロ含めて流麗です。A-5”On Looking Back”はエレピが入るあたりも70年代のポール・サイモンみたいなメロのフォーク曲。B-1”Doctor / Nurse”はファンクっぽいが割とサラッとしているのはスコットの色か。B-2”Lady”はアコギのアルペジオとエレピの絡みが美しすぎる大名曲!高度なハーモニーにジャズっぽさもあり、この盤イチのオススメ曲です。B-3”Image Of You”もエレピの音がノスタルジーを掻き立てる佳曲。ほんとGRPものってもちろん時代を感じさせる音ではあるが、クリアでいい録音だと思う。アコギのソロがたまらなくいい。ラストB-4”Pictures”は再びキースのピアノが印象深いバラード。まろやかなスコットの歌声は何度聴いても極上の時間を提供してくれる。