いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。 『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!! ●石浦昌之著 ●定価:本体2500円+税 ●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック

Helen Reddy

markrock2006-06-20

/ Reddy ( Capitol SO11949 / 1979 )


あまり紹介される機会のないヘレン・レディの79年盤だが、これがなかなかメロウなグッドAOR!(ディスコ曲も含むが、暑苦しさがないのでAORとしても聴ける) ヘレンの盤は当たり外れが少ないとは言え、イマイチな盤も相当買っていたので、期待していなかったが盲点でした。テディ・ランダッツオが全編キーボード参加しており、その他もアーニー・ワッツ、ジェイ・ワインディング、ポール・ジャクソン・ジュニア、チャック・レイニーエド・グリーンジェイムス・ギャドソンらがメリハリのある音作りに貢献。タワー・オブ・パワー・ホーンセクション、そしてシカゴのホーンセクションも参加。バック・ボーカルでもシカゴのロバート・ラムが参加している。

そもそもA-2”Perfect Love Affair”がスパイラル・ステアケースのパット・アプトン作だったことから気になって入手したのだが、メロウなユージン・レコード作A-1”Trying To Get To You”を聴いて好盤を確信。A-2はディスコっぽさもあるが、哀愁のサビが良かった。あとドゥービーブラザーズというかマイケル・マクドナルドの代表作B-1”Minute By Minute”のカバーではソウルっぽく歌いこなしているのが意外。この曲、女性のカバーヴァージョンは初めて聴いた。マクドナルドのボーカルが耳にこびり付いているだけに新鮮。イントロからオリジナルをなぞった演奏だ。ドラムスはシカゴのダニー・セラフィン。あまーい雰囲気のバラードB-2”Let me Your Woman”も耳に残る。そしてシカゴ参加のB-4”Words Are Not Enough”はメロウソウルな導入から、ホーンが入り、流れるようなキャッチーなサビが飛び出す。ロバート・ラムがコーラスをつけるだけでシカゴっぽくなるんですね。この曲をレコーディングしているジョン・イングリッシュもコーラスでクレジットがあるのでこの曲に参加している可能性アリ。ラストはギャンブル&ハフのソウルバラードB-5”Sing My Heart”で熱を帯びる。