いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 John Phillips

markrock2010-08-01

/ Many Mamas, Many Papas ( Varese Sarabande / 2010 )


ジョン・フィリップスの死後、ミック&キースとのセッション音源のリリース以来、発掘音源が色々出ている。これは今年出たママス&ザ・パパスのもの。80年代という彼らにとっては冬の時代の音源。唯一表舞台に名前が挙がったのが、ブライアン不参加のビーチ・ボーイズ、起死回生のヒット”Kokomo”の作家クレジットとして、ではないだろうか。


ここではなんとその”Kokomo”のデモをデニー・ドーハティとスコット・マッケンジーのリード・ボーカルで収録している。” San Francisco (Be Sure to Wear Some Flowers in Your Hair)”以来、1983年に久々に旧交を温めたジョンとスコットに加え、テリー・メルチャーとマイク・ラブのクレジットもあるが、マイクが作ったと思しき冒頭のアルバ・ジャメイカ…のパートは無く、サビのカールが歌うパートもない。ということで同じなのはAメロだけじゃないか!ということで、原曲と言った方が正確かな。そのAメロも、元のメロディはジョンが作り、スコットは詩を足した位ってことらしいけれど。BB版より、トロピカル感はより強まっている感じ。ちなみに、同じくビーチ・ボーイズ『Still Cruisin’』収録の”Somewhere Near Japan”の原曲”Fairy Tale Girl”もあって、こちらはジョンが歌っている。妙にオリエンタルな味付けは無いことからすると、メルチャーのサジェスチョンなのか、BBはかなりイジってますな。


で、それ以上に聴きものなのが、1981〜82年にレコーディングされたお蔵入り音源。ギグは行っていたものの、残念ながらレコードの契約は結べなかった。しかし、それなりのクオリティ。メンバーはというと、4声がジョン、デニーにジョンの娘マッケンジーと、元スパンキー&ザ・アワ・ギャングのスパンキー・マクファーレン。そして、ギターにミック・ロンソン、シェイン・フォンテーン(ミック・バラカン、あのピーター・バラカンの弟)、鍵盤にアーサー・ステッド、ベースにヒュー・マクドナルド、ドラムスはゲイリー・バークだ。


ムーディー・ブルースの”Go Now”はシングルに出来る完成度。AORなムードもある”Frankie”(冒頭のコーラスはママパパながら、サビはジャジーにアレンジした”Sunny”みたいな感じで)、”チャイナ”がこれほどまでに好きか、っていう感じだけれど、メロはとてもキレイな”Chinaman”、スパンキーが歌うだけでグッドタイミーになる”Love Is Coming Back”など、捨てがたい。他にも、1986〜89年に再編したママパパでのデモ音源も収録。まあこれらは悪くはないけれど、やはりオクラになるべくしてなった音かな。81〜82年の時点でデモを作っていたらしい”I Wish”は佳曲だけれど!


さて、Disc2もついていて、これは1982〜83年のママパパ再編ライブ音源。敢えて、ってことでカントリー・タッチの”Mississippi”(ジョン作)や”One day At A Time (Theme From)”(ジェフ&ナンシー・バリー作)、スパンキー&アワ・ギャング・メドレー、スコットに提供した” San Francisco (Be Sure to Wear Some Flowers in Your Hair)”(ジョンのボーカル!)といった珍しいところを収録。ラス・ヴェガスをはじめクラブ公演の音がなんとも、落ちぶれ感を誘う。


…と聴き進めた上で、マッケンジー・フィリップス、昨年の衝撃の告白を思い出した。この再編ツアーでミシェル役を務めたジョンの娘マッケンジーだけれど、ジョンにドラッグを勧められた上に、ただならぬ関係を長らく強いられていたようだ。マッケンジーは初めの妻との間に出来た娘。このツアーの頃は、2番目の妻ミシェルと別れ、3番目の妻である女優のジュヌヴィエーヴ・ウェイトと生活を共にしていた。ジュヌヴィエーヴも、親娘以上に親しげなマッケンジーの様子に相当妬いていたらしい。最後は不幸にもマッケンジーが身籠もってしまい、その関係は終わりを告げたようなのだけれど。