いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Randy Sparks

markrock2006-04-16

/ Hazy Sunshine (MGM SE4759 / 1971 )


さすがに新年度、慌しい毎日であります。レコやCDは色々買っているものの更新は遅れがちになり、悩ましい限りです。さて、最近買った盤でまず取り出したるはコレ。New Christy Minstrelsの設立者Randy Sparksの、グループ解散後のソロ作。ジャケからすでにSSW盤としてはアタリな感じ。おそらく唯一作だと思うのだがどうだろう。New Christy Minstrelsと言えば”Eve Of Destruction”を歌ったダミ声のBarry McGuireを擁していた。ちなみに日本ではなぜか合唱曲として定着している”グリーン・グリーン”はBarryとRandyの共作。

タイトル曲A-1はドラムスだけの演奏にソフトなボーカルが乗る所からスタート。ベースやアコギ、ピアノも入ってきて実にいい感触。実にポップな曲だ。A-2”Welcome to California”もドリーミーな傑作。ブルージーなフォークタッチに始まり、浮遊感のあるサビがなんとも良い。グループ解散後、カリフォルニアに移住してからレコーディングしたのが本作、ということでこのタイトルになっている。A-3”And I Love You”はアコギで綴る、沁みるバラード。ココロの平穏を求める時には最適。A-4”Mountain of Glass”での哀しげな響きも悪くない。A-5”A Song Of Hope”はシングアウトしたくなる軽快な作品。裏返してB-1”Whiskey”はピアノ中心の内省的なタッチ。いいです。この盤、決して張らないソフトなRandyのボーカルがそうさせるのか、楽曲もバラエティに富んでいるのだけれど、心をかき乱さないでいられる悠然とした「流れ」がある。B面最後のB-5”Both Sides Of The Mountain”もA-5同様軽快でポップな作。だけど聴き終わった後、しみじみと落ち着いた気持ちになれるのはなぜだろう。