いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

[NEW!!]週刊ダイヤモンド2020年12月5日号の佐藤優さん(作家・元外務省主任分析官)のブックレビュー 知を磨く読書第372回 に『哲学するタネ 高校倫理が教える70章【西洋思想編①】』が取り上げられました。
f:id:markrock:20210318094556j:image

[NEW!!]「読者たちの夜会」(2021/1/14 LOFT9渋谷) 2020ベストビブリオバトル にて、哲学芸人マザーテラサワさんが『哲学するタネ―高校倫理が教える70章【西洋思想編1・2】』を取り上げてくれました。
f:id:markrock:20210318093652j:image

[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
f:id:markrock:20210704101636j:image

[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image

honto西洋哲学 1位・2位に2冊同時にランクインしました(2020/10/25付)

【書評掲載】
週刊ダイヤモンド2020年12月5日号 佐藤優さん(作家・元外務省主任分析官)のブックレビュー「知を磨く読書 第372回」

2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20210704102831j:image

ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
f:id:markrock:20210704102254j:image
「halfway to a hosono house?」 ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ 「x-bijin」、ほぼ宅録による初のアルバムは、甘美なペダルスティールにのせてダニ エルが滑らかなボーカルで歌いこなす桃源郷ポップス。遠藤賢司に捧げた「グレープ フルーツ」からして初期松本隆を思わせる日本語の美しさが際立つのはなぜだろう? はっぴいえんどとポール(・マッカートニー)が産み落としたタネは、ジム(・オルーク )と出会ったペンシルヴァニアで果実となり、多摩産シティ・ポップのフレッシュジュ ースに姿を変えて、甘酸っぱい喉ごしと共に僕たちの前にある。(いしうらまさゆき)
詳細はココをクリック

11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20210704102608j:image

編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」

極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイドに掲載されました】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Scott Jones

markrock2006-07-25

/ Solo ( Flight Records / 1981 )


ミネアポリス、というともう一人思い出されるのがスコット・ジョーンズ。今手元にあるのは1981年の3枚目、『Solo』と1982年の4作目『Night & Day』。いずれも、”Funky Town”の大ヒットを出した同郷人、リップスのスティーヴン・グリーンバーグがプロデュースに当たっている。リップスの所属していたカサブランカ傘下(?)のレコード会社から出たローカル作と推測する。ちなみに1978年の『Roads』がデビュー作。2作目は1979年の『Side By Side』『Side By Side』と言うと、古井戸の過渡期作をつい想起してしまう。。

今ネットを見ていてビックリしたが、意外と高い値付けをしているレコード屋がある模様。海外から買った方がまだ安いのでは?個人的には各々700円と100円で入手。以後何度かそれ位の値で見かけたので、焦らずとも日本のどこかに落ちている盤と思う。何しろ4作目のジャケなど、安物のニューウェーブ盤みたいでカスの匂いがプンプンだし。

しかし、知っている人は知っているでしょうが、実にデキたSSW盤。取り合えず『Solo』ですが、コレ、ピアノ弾き語り良し、アコギ弾き語りもまた良しの大名盤。時代性とは無縁なのが、ミネアポリスSSW!!ピアノ弾き語りもの(例えばA-1”I Wish There Was A Word”やA-2”It’s Only My Imagination”)はランディ・エデルマンやフランク・ウェーバーの世界。A-1のメロには割とエイティーズ映画に似合うロマンティックな感傷アリ。また、B-3”If Love Has Broken Your Heart”なんかでは、ジャクスン・ブラウンを思わせる青春の苦味も。ギター弾き語りものだと、オープンチューニングで掻き鳴らすA-3”Can You Spare Me A Smile”やスリーフィンガーのフォーク調B-1”What Can We Do ?”などが耳に残る。ボーカルの抑制と鼻にかかった感じはちょっとマイケル・ジョンソン及びマーク・ヘンリー的とも言える。ミネソタの凍えた朝の空気感を詰め込んだアコギのソロプレイB-3”25 Below”など、まさにマーク・ヘンリーな感じ。同じ質感を生む地域性というのは興味深い。

4作目『Night & Day』は数曲でバックが付いている分、『Solo』と比べると魅力は減じられてしまっているが、ピアノSSWものと見ればなかなかのクオリティ。B面はおそらく地元のクラブでのライブ録音なんだが、B-3”Golden Oldies”の冒頭ビリー・ジョエルの”Just The Way You Are”を歌いだしたり、途中”The Entertainer”(これはビリーじゃなくスコット・ジョプリンの方)や”Those Were The Days”のフレーズが飛び出したり、その他にもイロイロと芸達者な所を見せてくれる爆笑ライブ。こちらが本当の色か。


P.S. 全然関係ないが、YouTubeジョン・セバスチャン & フレンズ名義の"You And Me Go Way Back"というヤバイ映像を発見!なんとギターがロジャーマッギン、キーボードがフェリックス・キャバリエール、ベースがアル・アンダーソン、ドラムスがリチャード・マニュエル!しかもロニー・スペクターとセバスチャン/キャバリエールのデュエットと言う!!殆ど知られてないこの映像は必見です、いやホント。。曲は'80風のファンキーなダンス曲。まあとにかくその豪華な布陣に息を飲みます。

http://www.youtube.com/watch?v=0F_L_m4lJ40&search=john%20sebastian