いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

[NEW!!]週刊ダイヤモンド2020年12月5日号の佐藤優さん(作家・元外務省主任分析官)のブックレビュー 知を磨く読書第372回 に『哲学するタネ 高校倫理が教える70章【西洋思想編①】』が取り上げられました。
f:id:markrock:20210318094556j:image

[NEW!!]「読者たちの夜会」(2021/1/14 LOFT9渋谷) 2020ベストビブリオバトル にて、哲学芸人マザーテラサワさんが『哲学するタネ―高校倫理が教える70章【西洋思想編1・2】』を取り上げてくれました。
f:id:markrock:20210318093652j:image

[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
f:id:markrock:20210704101636j:image

[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image

honto西洋哲学 1位・2位に2冊同時にランクインしました(2020/10/25付)

【書評掲載】
週刊ダイヤモンド2020年12月5日号 佐藤優さん(作家・元外務省主任分析官)のブックレビュー「知を磨く読書 第372回」

2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20210704102831j:image

ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
f:id:markrock:20210704102254j:image
「halfway to a hosono house?」 ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ 「x-bijin」、ほぼ宅録による初のアルバムは、甘美なペダルスティールにのせてダニ エルが滑らかなボーカルで歌いこなす桃源郷ポップス。遠藤賢司に捧げた「グレープ フルーツ」からして初期松本隆を思わせる日本語の美しさが際立つのはなぜだろう? はっぴいえんどとポール(・マッカートニー)が産み落としたタネは、ジム(・オルーク )と出会ったペンシルヴァニアで果実となり、多摩産シティ・ポップのフレッシュジュ ースに姿を変えて、甘酸っぱい喉ごしと共に僕たちの前にある。(いしうらまさゆき)
詳細はココをクリック

11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20210704102608j:image

編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」

極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイドに掲載されました】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Stephen Ambrose

markrock2006-01-14

/ Gypsy Moth (Barnaby 15003 / 1972)


“Gypsy Moth”とはマイマイガのこと。何とも不吉なタイトルとフォーク系SSW然としたジャケに、暗い音を想像しなくもないが、まろやかなボーカルとセンスの良い音作りに感服する。プロデュースは2曲を除いて元The Kingsmen〜Don & The GoodtimesのキーボーディストDon Gallucci。本盤ではキーボードも弾いている。

A-1”Friends”が初っ端から何と言っても素晴らしい。アコギのハーモニクスとキレイなギターソロがメジャーセブンスに乗って流れてくる。2番からキーボードが入ってくるあたりのさりげなさが何とも良い。Bat McGrath&Don Potterあたりと場の雰囲気を一変させる感触は似ている。A-2”Somebody Walks Beside Me”もキーボードのアレンジが良く、この人の本質がアコースティックギターの弾き語りであることを忘れさせてくれる。A-3”Mary”は達者な3フィンガーの一曲だが、幻想的なコード進行に魅力がある。スティールが不思議とボーカルと良く溶け合っている。タイトル曲A-4は一転ピアノをバックに切々と聞かせる。神への祈りのようで、Art GarfunkelがJimmy Webbのクリスマスアルバムで聞かせた世界にも近いか。A-5”Answer in the Rain”は急に世界がカントリー風味になるのであれれ、と思わされるが、それもそのはずでナッシュビル録音。あのLarry Murrayのプロデュースだ。本盤では他にB-4”Safely Home Like A River”がLarryのプロデュースだ。

さて裏を返すと、B-1”Tumbleweed”はDoug Van Arsdaleの作。何者かは全く不明だが、ピアノとコーラスが美しいミディアムバラード。この曲にしてもこの盤、”Oh Lord”や”Jesus”がやたらと出てきます。B-2”Caroline”はStephenが3フィンガーによる弾き語りで、サラッと歌う。2番からはスティールとベースが実にいい感じで滑り込んでくる。B-3”Mornin’ Sun”はCarla(Karla) Bonoffの初期の作品。本作で最もポップな作品で、彼女がLindaRonstadtのアルバムへの曲提供以降、真価を発揮した70年代後半に作ってもおかしくない爽やかなウェストコーストロック風の曲。この時既に作風が完成されていたとは驚くべき。未発表のアルバムを残しているBryndleのメンバーからCarlaの他にアコギ・エレキでAndrew Gold、マンドリン・ハーモニカ、ベースでKenny Edwardsが参加しているのも特筆すべき。ちなみにKarla、Kenny、AndrewにWendy WaldmanのBryndleはかつて発表できなかった鬱憤を晴らすように1995年に同名のアルバム、2001年に”House of Silence”を発表しているが、どちらもアコースティックで透明な音作りに拘った、コーラスも映える素晴らしい作品。前述のB-4はDavid Powell作。彼はA-5もStephenと共作していた。アコギ・キーボードで作者本人も参加している。B-5”Sweet Turnstyle Blues”はハネたリズムが洒落ていて、キーボードソロもごきげん。

Stephen自身の作は本盤のみとなってしまったが、トータルで出来が良く、何度も針を落としたくなる名盤だ。


全然関係ないが、Lovin’ Spoonfulのあの人が今春待望の来日をするという噂アリ。近年ジャグバンド名義のCDも発表していたが、彼に勝るとも劣らないジャグの大物と一緒の来日とあって期待して待つべし!