いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Gayle Caldwell

markrock2006-01-11

/ Celebration of Life (A&M 4196 /1969 or 1970 )


このLP、The New Christy Minstrelsに在籍し、Sonny&Cherが初お目見えとなったビーチムーヴィー『Wild on the Beach(1965)』にも出演していたGayle CaldwellがA&Mからリリースした唯一作である。カーペンターズのレコード番号から推測するに1969年あるいは1970年のリリースだろう。Frank Sinatra初のポップ作となった1969年の『Cycles』にタイトル曲と”Wandering”の2曲が採用されたことから、自演を含むLPのリリースが決定したと思われる。(ちなみに『Cycles』には他にJoni MitchellやJim Webb、Bobby Russell、Gorgoni-Taylor作品が歌われているが2曲採用されているのはGayleのみだ。)プロデュースとアレンジはJeremyとのデュオを解散し、A&MのスタッフとなっていたChad Stuart。The SeekersのJudith DurhamやLambert&NuttycombeのLPにはプロデューサーとして(後者のアルバムは装飾はほとんど無いが)、Paul Williams『Someday Man』にはアレンジャーとして参加していた彼。商業的成功には結びつかなくとも、後に評価された作品も数多い。曲は全てGayleの作詞作曲である。

Tom Wilkesのアートディレクションは否がおうにも黄金のA&Mサウンドを期待させるが、A-1”The Birth of Today”からボーカルのノリも生々しく、聖なる雰囲気で驚かされる。メロディの美しい小品だ。ボーカルは弱いが、静謐な雰囲気を作り出している。A-2の表題曲”Celebration of Life”はミュージカルタッチのオーケストレイションが素晴らしい一曲。間奏の展開が面白く、後半にはチルドレンコーラスも絡む。この曲とつながるようにしてピアノとギターのアルペジオオーケストレーションが引き立てるA-3”Wandering”はSinatraが取り上げるだけあって素晴らしい出来。フォーク的な資質を持ったSSWには書けない、広がりを持った作品だ。A-4”Morning of Lovely Thoughts”はマイナーキーの荘厳な作。トラッドのような感触もあるがこれも編曲が良い。A-5”Cycles”は先ほども述べたようにシナトラ盤では1968年に23位のヒットとなった彼女の出世作。冬から春へ季節が巡るように落ち込む気持ちにも春が訪れようか、といった曲だが、スタンダードな雰囲気で伸びやかに歌われていて、ともすれば陰鬱になりがちな彼女の歌が生きている。

B面にいくと、B-1”Man on the Corner”は一転SSWの雰囲気。同時期のLaura Nyro作品に近い肌触りでとても良い。こういったアプローチの方が彼女の歌声には合っている様に思える。B-2”Quiet Prince”でA面の雰囲気に戻って凝ったアレンジ。サイケなB-3”Lone Lily”、を挟んでB-4”Nice People”はピアノのイントロからはじまって盛り上がっていく、ロジャニコ的サウンド。やっと聴けたか、という音だ。ソフトロックファンはこの一曲でも買いだ。B-5”Understanding”は内省的な弾き語りで消え入るようにLPは幕を閉じる。これはこれで悪くない。