いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

どうにかなるさ

*[コラム] どうにかなるさ

 

皆様いかがお過ごしでしょうか。お元気でしたら何より…とうとう緊急事態宣言が全国へ。一昨日の会見を見ていたら、「この際」とかなんとか。一律10万円にしたから「この際」持ってけドロボー!みたいな話なのか。辿り着くまでのプロセスを思うと、我々の税金の使い道を決める人はちゃんと決めなければいけない。国政は全国民の代表として公務を全うすべき場であるはず。でも地元の代表さえ選んでおけばおこぼれに与れるとか、自分さえ得できれば良いとか思う人が後を絶たないから、こんな様になるのか。選ばれた方もそりゃ傲慢になる。そして公共放送は最たるものとして、複数の利害に絡めとられてしまってメディアも今や余り質が高くない。感染者だってどう考えても少なく操作されているのに、誰も正面から突っ込まない。基本隠し、仲間外れにする文化のあるムラ社会のクニだから仕方ないのか。でも日本のツイッター社もフェイスブック社も、どういう人たちと組んで世論誘導に使っているソーシャルメディアか、って考えると、仏様の手のひらに載せられているということにもなる(とはいえ仏様ではたぶんない)。ポピュリスト政治家がサクラを金で買ってソーシャルメディアを駆使するのはそういう意図になる。テレワークの現状を見てもわかるけれど、コロナ禍を経て、太い情報通信網を持つ親玉がここぞとばかりに今後市場をかっさらっていくことは目に見えているような。ペスト後に資本主義経済が成立したヨーロッパ近代の始まりを思い出してみてもよい。

 


色々言いつつ…行政の対応が遅かっただけで、結論いまは最大限家にいるのがベストであることは間違いない。当たったもん勝ち的な投機的言論に支配された無駄なSNSのチェックも最低限に止め、自分や家族の生活を守り合い、本やレコードに勤しみつつ、余裕があれば、営業自粛で経済的に困ってしまう産業にネット等を通じて意識的にお金を落とすということ。これが今できうる限りの何か。

f:id:markrock:20200418143047j:plain

さて、今日は1976年のフォーライフからリリースされた『OLD BOY』。これは小坂一也、寺本圭一、ジミー時田、石田新太郎というカントリー四人衆のライブレコーディング。アメリカでいうところのジョニー・キャッシュ、ウェイロン・ジェニングス、ウィリー・ネルソン、クリス・クリストオファスンによるスーパーグループ、ハイウェイメンが1985年のリリースですから、こっちが先!もっと言えば、エルヴィス・プレスリージョニー・キャッシュジェリー・リー・ルイスカール・パーキンスのミリオンダラー・カルテットが商品化されたのが1981年ですから、そっちよりも先ですね。ジャケのデザインも80年代の企画モノを先取りしていたような。ミキサーは吉野金次。んで、ここにムッシュかまやつがゲスト参加し、小坂一也と「どうにかなるさ」を唄うんですね。なんか沁みた。小坂はここでムッシュとも懇意のフォーライフ吉田拓郎の「おやじの唄」も良い感じでカバーしている。

f:id:markrock:20200418143121j:plain