いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。 『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!! ●石浦昌之著 ●定価:本体2500円+税 ●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック

 Orlando / Harp, Voice And Tears ( Super Star Records SSR963 / 1970 )

markrock2016-06-07




スティーヴィー・ワンダートニー・ベネットらの歌唱で知られる”For Once In My Life”の作曲者、マーデン・オーランドのレコード。楽曲の知名度に比べると、この人はイマイチ知られていない。オーランドと聞けば、トニー・オーランドが出てきてしまう。

その”For Once In My Life”、作詞はロン・ミラー。ベリー・ゴーディによりバーで演奏しているところを見出され、モータウンに雇われた人。スティーヴィーの”A Place in the Sun”や”Yester-Me, Yester-You, Yesterday”、ダイアナ・ロスの” Touch Me in the Morning”、そしてシャーリーンの”I've Never Been To Me”が代表作だ。



初出は1966年のバーバラ・マクネア、その後もフォー・トップス、テンプテーションズが取り上げ、そのモータウンの流れで1968年にスティーヴィー・ワンダーがアップテンポのアレンジで大ヒットさせる。さらにジャズ畑ではカーメン・マクレエトニー・ベネット、ナンシー・ウィルソン(この人はソウルとクロスオーバーだけど)、デラ・リーズが取り上げて、あのフランク・シナトラも歌っている。70年代にはいると、MORの名曲と言った風情でそれこそアンディ・ウィリアムス、ビル・メドレー、ポール・アンカ、O.C.スミス、サミー・デイヴィス・ジュニア…と大御所が取り上げる曲になって。カバーは270を超えるようだ。そう、トニー・ベネットの起死回生作2006年の『Duets: An American Classic』におけるスティーヴィーとのデュエット・ヴァージョンはグラミーを獲ったし、2015年のスティーヴィー・ワンダー・トリビュート・ライブにおけるトニー歌唱の解釈も、兎にも角にも圧倒的だった。

さて、作曲者のオーランド・マーデンだけれど、ロン・ミラーと比べて情報が少ない。この1970年のこのレコード『Harp, Voice And Tears 』の裏ジャケにはトム・ジョーンズの「アメリカ初の男性トーチ・シンガーが、彼にしかできないように、歌い演奏する」というありきたりなコメントが寄せられているだけで。聴いた感じはクラブのジャズ歌手という雰囲気。でもこの盤が凄いのは、伸びやかでムーディな「声」と「ハープ」だけの共演だということ。しかも、ハープはオーランドの弾き語りによるものらしい。完全に夜のレコード、という感じ。マーデン&ミラーの共作”Carousel”の他、スタンダードや、意外にもジョニ・ミッチェルのカバー”Both Sides Now”を取り上げている。ハープは日本の琴のように優美に響く瞬間もあって、エコーがかったマーデンの声と共に深い余韻を残す。