いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Boys Town Gang / Disc Charge (Moby Dick Records /1981 )

markrock2018-01-29


ボーイズ・タウン・ギャングといえば、何といっても” Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)”のディスコ版。フランキー・ヴァリの本家よりももしかすると、テレビなどで使われることは多いのかもしれない。60年代ポップスを80年代風にアップデートする試み、このアルバムと同じ年に大ヒットを記録した大滝詠一『A LONG VACATIONも同様の試みだった。で、こちらは” Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)”収録のアルバム。リリースがMoby Dickレコードというのがいいですね。メルヴィルの白鯨ですね。

さて、聴いてみるとシングルの寄せ集め風というか、スターズ・オンもののようなつくりなんだけれど、そう感じたのはA面の” Can't Take My Eyes Off You”、レッドボーンの”Come And Get Your Love”、スティーヴィー・ワンダーの”Signed, Sealed, Delivered, (I’m Yours)”という完璧な3曲の流れ。

とりわけレッドボーンの”Come And Get Your Love”は好きな曲ベスト10に入れたいほどの曲なんで、最高でした。レッドボーンはネイティブ・アメリカンのロック・グループ。パット&ロリーのヴェガス兄弟は60年代にはソウルフル・デュオとして鳴らしていたけれど、恐ろしい程の力量をもったミュージシャンだった。ロリー・ヴェガスはカントリー・ソウルなソングライター、ジム・フォードと一緒に"Niki Hoeke Speedway"や”Ju Ju Man”を書いて、ブリンズリー・シュウォーツが取り上げている。ニック・ロウが大好きだったみたい。

で、ボーイズ・タウン・ギャング版の”Come And Get Your Love”ですよ。若干ディスコらしくテンポアップされていて、”Come And Get Your Love〜”という最高に甘酸っぱいリフレインを聴いていたら、「あ!」と気付きまして。コレ、米米CLUBの一世一代の特大ヒット曲”君がいるだけで”の後半のリフと一緒ですね。「True Heart 伝えられない True Heart わかって True Heart 見えないものを True Heart 見つめて」がそのままのオケで歌えるという。米米のルーツからすると、レッドボーンよりもボーイズ・タウン・ギャングではないかな。無意識の産物かもですが。ネットの情報網で指摘している人は今のところいないけれど、発売後25年にして気付いてしまいました…どっちもいい曲だと思うけれど。