いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

ハリウッドの吸血鬼たち

markrock2015-11-12



レココレ誌11月号のニュー・アルバム・ピックアップに掲載していただいた拙盤と共に掲載されているのを見て、即買いしてしまった1枚『Hollywood Vampires』(Universal / 2015)。ハッキリ言ってむちゃくちゃ良かった!何気なく毎日聴いている始末。アリス・クーパージョー・ペリーエアロスミス)にロック狂の俳優、ジョニー・デップが結成したロック・クラシックのハードロック・カバー・プロジェクト!

ハリウッド・ヴァンパイアーズというネーミングはアリスに加え、ハリー・ニルソン、ジョン・レノンキース・ムーン、ミッキー・ドレンツ(モンキーズ)、リンゴ・スタージョー・ウォルシュ(リンゴとは以後共演する仲に)、キース・アリスン、マーク・ボラン(T・レックス)、キース・エマーソンジョン・ベルーシ…といった面々がLAで酒びたりの日々を送ったという、セレブリティ・ミュージシャン軍団名に由来する。そんなわけで、エルトン・ジョンの相棒の作詞家でその一味だったバーニー・トーピンがライナーを書いていて。ジョン・レノン史で言えば、ヨーコの元を離れ、中国人の秘書メイ・パンとLAで過ごしたロスト・ウィークエンド期(1973〜75年)に当たるのかな。アリスはそんな飲み仲間ゆかりの楽曲を取り上げている。



アリスのボーカルも思った以上に現役感があって。ドラキュラ役で知られる名優クリストファー・リーのナレーションが盛り上げてくれる冒頭のオリジナル”The Last Vampire”(ジョニー・デップ、ボブ・エズリンの共作)に始まり、The Whoのモッズ・スタンダード”My Generation”(ドラムスはリンゴ・スターの息子で現The Whoザック・スターキー)や”I’m A Boy”(日本盤ボーナス・トラック)、そしてツェッペリンの”Whole Lotta Love”ではナント、AC/DCのブライアン・ジョンソンとアリスのダブル・ボーカルという豪華共演も。ブライアン・ジョンソンの絞り出すボーカルは相当ロバート・プラントの影響があったんだな、と思った。さらにSpiritの”I Got A Line On You”にはジョー・ウォルシュと現ポール・マッカートニー・バンドのドラマー、エイブ・ラボリエル・ジュニアが参加。ポールと言えばご本人がバッドフィンガーの”Come And Get It”のセルフ・カバーでアリスとデュエット。ポールはピアノも弾いていて、仕上がりはとても良い!さらにはドアーズのロビー・クリーガー本人も参加したドアーズ・メドレー”Five To One/Break On Through(To The Other Side)”も最高で。ジミヘンからは”Manic Depression”を選曲。



ハリウッド・ヴァンパイアーズゆかりのジョン・レノンの”Cold Turkey”、ニルソンの”One / Jump Into The Fire”(ドラムスはデイブ・グロール!)、T・レックス”Jeepster”も流れに沿った選曲。そこにスモール・フェイシズの”Itchycoo Park”なんかが入ってくるのもまたスバラシイ。ハード・ロックの源流がイギリス、という所を感じさせてくれて。



極めつけはアリス・クーパー自身の代表曲のセルフ・カバーになる”School’s Out”(ピンク・フロイドの”Another Brick In The Wall Part.2”のメドレーという力業!)。スラッシュと共に、ここにも愛して止まないAC/DCのブライアン・ジョンソンが参加していて。”School’s Out”を歌うなんて、なんだか妙に新鮮だったなぁ。

さて、そんなアリス・クーパーを聴いていて、にわかに思い出されてきたのがスクリーミング・ロード・サッチ!貴族風の名前に反してワーキング・クラス出身、というのがまたゲーノー界風で、「イギリスの内田裕也」とも言える男だ。シルクハットにマントを羽織り、「切り裂きジャックジャック・ザ・リッパー)」に扮したホラー的演出で英ロックン・ロール時代のスターとなった。その彼が後にアリス・クーパーを名指しして、スタイルを真似ていると訴えたことがあった。確かに、ハードなロックにホラー的演出を加えた先進的なロード・サッチのスタイルは実に分かり易かったがゆえ、真似られるのも早かった。

しかも内田裕也同様、自作自演がアーティストの本分となった時代になると、どう足掻いても正当な評価を得ることはできなかったのだが、稼いでいた時代のツアーのバックバンド、サヴェイジズには、有名になる前のリッチー・ブラックモアジミー・ペイジノエル・レディングジミー・ペイジ、マシュー・フィッシャー、ニッキー・ホプキンスらがいて、圧倒的な演奏力でロックンロールをこれでもかと演っている。1枚目のアルバム『Lord Sutch An dHeavy Friends』(1970)はそうは言ってもオリジナルを収録しているけれど(ジミー・ペイジジョン・ボーナムも参加!)、ロックンロール大会なライブ形式の2枚目のアルバム『Hands Of Jack The Ripper』(1971)にはキース・ムーンも参加。リッチー・ブラックモアのソロなんかはそれこそ神懸かり的なレベルだと思う。

ロード・サッチは政治家に転身したり(つまりは目立ちたがり屋…よく言えば音楽も政治も社会変革の手段…これもまたユーヤさん的…)した後の1999年、残念ながら自ら命を絶っている。ところで政治といえば、アリス・クーパージョー・ペリーと共にお騒がせトランプ氏が話題の共和党支持者なんですね。ロック保守ってカッコいいのか悪いのか判然としませんが…意外とは思いつつ、まあなんかそれも分かるような…