いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
[NEW!!]編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Joey Stec / Same

*['60-'70 ロック] Joey Stec / Same( Playboy / 1976)

 

f:id:markrock:20190301180108j:plain

 

スワンプの宝庫としばしば言われるプレイボーイ・レーベルより(あのプレイボーイが持っていたレーベル)。1976年にリリースされジョーイ・ステックの名盤。世界的にカルトな人気を誇るミレニウムのオリジナル・メンバー。ミレニウムの大名盤『Begin』は良コンディションが少なくなっているせいか、海外オークションでも凄まじい値段がついている。よく考えてみると、ミレニウム関連盤がメジャーCDと同じようにディスプレイされて大型店で売られていたソフトロックな日本の2000年代って一体なんだったんだろう。ジョーイ・ステックのこの唯一のソロは、紙ジャケでCD化された当時買ったけれど、あまりピンと来ていなかった。

 

 

それがたまたまLPを発見し(なぜか初めてかも)、聴いてみたところ、むちゃくちゃ骨太なスワンプ・ロックでびっくりした。かなり良いじゃないですか!カート・ベッチャーのソロにも通ずるカントリー・ロックな作品やストーンズ風のロックもありつつ。テンプテーションズのカバー”I Wish It Would Rain”なんて、ジョン・レノンがロックンロール・アルバムで歌っている雰囲気だったりして最高。プロデュースはいい時期のストーンズを手がけていたジミー・ミラー、そしてバックはジム・ゴードン、カール・レイドルというカリフォルニア・ポップあがりのデレク&ザ・ドミノス組。そこにマナサスでの客演も著名なジョー・ララのパーカッション、ボビー・キーズの強力なサックス、全くもって悪いわけがない。ミレニウムの先入観で聴いて損をした盤かも。ちなみにジョーイ・ステックは1998年にSonic Past Musicを設立し、カリフォルニアのサンシャイン・ポップの蔵出し音源をリリース。ミレニアム、カート・ベッチャー、リー・マロリー、サンディ・ソールスベリー、そしてランディー・マイズナー…って全て当時買ってたやつじゃん、っていう話にもなる。

f:id:markrock:20190301180537j:plain