いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 白い冬

markrock2015-07-24



この暑い夏に白い冬というのも唐突だけれど…



先日レビューで取り上げたウェイン・カーソンが今月亡くなった、というニュースにびっくりしていたら、今度は音楽の世界ではないけれど、鶴見俊輔さんが亡くなったと知り愕然としてしまった。何を隠そう『図書』に2003〜2009年の間連載されていた「一月一話」(『思い出袋』として新書化された)でファンになってしまった訳だけれど、関心のあった60年代について調べていく中でべ平連と繋がった時にも心を動かされるものがあった。その後、著書『戦後日本の大衆文化史 1945〜1980年』『限界芸術論』なども関心分野として読ませてもらった。知のタコツボ化がより進んだせいか、現代なかなかこんな立ち位置で言葉を紡げる人に出会えなくなってきた。賢人といったら良いだろうか、聡明という言葉が適当だろうか。そう言えば、昨年哲学者の木田元さんが亡くなったときにも同じような気分になったことを思い出した。そこで木田さんの『反哲学入門』(コレは目からウロコな名著!)のページを捲ったら、ふきのとうの「白い冬」が出てきてビックリした。死に直面したとき死生観は変わったか、という質問に答えて(木田さんは、人間を「死への存在」と捉えたハイデガー研究の第一人者だった)、「考えていることが変わるというほどのことはありませんでした」と。ただ、急性膵炎で死にかかって七転八倒したとき、苦しみながら考えたのは「ああ、あの歌いい歌だったけど、とうとう覚えないでしまったな」ということで(!)、あとから思い返したらその歌はふきのとうの「白い冬」だったんだそうな。



木田さんほどの人だけど、死の瀬戸際で「白い冬」が頭の中を駆けめぐったというのもなんだか考えてみると可笑しい。でも一寸その気持ちが分かるような気がしたのはなぜだろう。

北海道出身、山木康世細坪基佳のフォークデュオふきのとう。「白い冬」は1974年9月のデビュー曲だ。印象的なズッズッチャー、というリズム、哀愁を帯びたエレキギター、Em G D Emなんていうニール・ヤング的なコード進行。私もギターを始めた頃、当然コピーしました。まったくジャンルが違うようだけれど、セッションマンを経てB’zを結成し、日本を代表するロック・ギタリストとなった松本孝弘にも影響を与えたと何かの本で読んだような(山木さん自身のエッセイだったかも)。確かにむせび泣くエレキギターと共に稲葉浩志の声で「白い冬」を脳内再生することができなくも、ない。



高校生の頃、山木さんのソロライブに初めて行き、それからさらにファンになってしまって、二人のソロ作も含めて相当聴き込んだ。細坪さんの透明感のある歌声、木訥とした山木さんの楽曲、そして詩のイノセンスにはいまも魅了されている(ちなみに「白い冬」の詩は例外的に、後にSonyからレコードを出す工藤忠行だった)。

まだ4人組だったアルフィーは同年8月に「夏しぐれ」(松本隆筒美京平コンビ)でデビューしたものの、全くヒットしなかった。ふきのとうのヒットとは明暗を分けた。冬が夏に勝った、なんていうエピソードもその後の両グループの活躍を思えば、なんだか微笑ましい。