いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
[NEW!!]編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

高橋忠史 / 東京( taurus / 1981 )

markrock2018-12-09


遅れてきたフォーク・シンガー高橋忠史(1977年デビュー)の隠れた大名盤。現在闘病中の石川鷹彦がアコギ、ガット、フラマン、ドブロ、キーボード、シンセなどで全面参加したアコースティックな音作り(山田秀俊もキーボードで参加)。石川大先生の全面参加作でも指折りなのは吉田拓郎『元気です』山木康世『静かに水の流れが岸をけずる』、茶木みやこ『Two Doors Away』、野本直美『さかな』、そして高橋忠史の『東京』でしょう。1980年代は日本に限らずフォーク冬の時代。長渕ですらロック化しますから。アメリカだと80年代後半になると、フォーク(リヴァイバルの)リヴァイバルが来るんだけど。日本だと90年代前半にリヴァイバルが来た。しかしそこでもこの人は話題にならなかった。


トーラスから1981年にリリースされたサード・アルバム、彼のしゃがれた絶叫が深く心に刻まれる。今でいえば竹原ピストルを思わせる、身を削る魂の歌。何度聴いても聴き飽きず、切ないメロディがグッとくる。「中国まねても中国にならず アメリカまねてもアメリカにならず それでも何とか生き続けてる 希望はあるさこの国家にも」「こうなりゃ好きに生きるだけ 俺だけの為に俺の唄を」なんていう”唄”とか、最高です。「何もない時に生まれた人には 豊かな時代だろう だけど今時の若者はぜいたくだなんて言わんでほしい」「俺達にとって今は何も無い 時代なんだろう 何も無いからこそ何かを 見つけようとしているんだろう」という”俺達の時代”もある。飽食の時代などと言われるようになる80年代の日本で、ギターを手にとって歌うことの意味を突き詰めて考えたのだろうと想像する。石川鷹彦マンドリンが素晴らしいバラード”膝を抱いても眠れない夜”もただただ聴き惚れる名曲。このアルバムのリリースに合わせて自転車ツアーをやっていた。


現在、多系統萎縮症という神経の難病と戦いながらコンサートを続けておられることをホームページで知った(https://blog.goo.ne.jp/tkhs1952)。私が小さい頃に住んでいた東京・小平市のご自宅でライブをやられているのだという。いつか行ってみたいと思う。