いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 Randy Newman

markrock2011-05-29

/ Songbook Vol.2 ( Nonesuch / 2011 )


これは良かった!ランディ・ニューマンの弾き語り再録集の第2弾。パッケージのボブ・ディランの賛辞と共にある、CBSサンデイ・モーニングの「ランディ・ニューマンは我々世代のスティーヴン・フォスターであり、マーク・トウェインである」という一節は実に的を得ている。庶民的、大衆的、かつ亜米利加的な大作家であるという点で。2003年に第1弾が出てから『Harps and Angels』も挟んで、ずいぶん経つけれど、第1弾を聴いたときより、16曲たったの39分がより充実したものと感じるのはなぜだろう。


ニューマンのピアノ・プレイの妙とボーカルの調子の良さかな?と思ったりもする。こうした弾き語りを耳にすると、意外なほど巧みにピアノを弾いていることが判る。慎重に聴くと曲によってはちょっとしたミスタッチもあるけれど、パフォーマンスとしての歌を大切にしたのだろう。ジャケ写からしても、限りなく同録に近いのではないかと推測する。でも、これが堪らなく良いのだ。映画音楽も数多く手がけ、今は作曲家として大御所という立場に収まっているけれど、かつて名をあげたシンガー・ソングライターとしての面目躍如と言うわけだ。


未発表曲も多数収められたボックス『Guilty:30 Years of Randy Newman』に歌詞が含まれていなかったのはガッカリしたけれど、今回はしっかりと歌詞入りで、代表曲を中心に堪能できる。1970年の楽曲もあるけれど、なんだろうこの瑞々しさは。われわれ黄色人種を歌った”Yellow Man”にしても、皮肉屋と言われるけれど、そのユーモアと悲しいほどのおかしみが迫ってくる。アメリカ音楽の伝統に基づいた美しいメロディで紡がれる物語の数々。”My Life Is Good”なんてもう最高!しっとりした”Losing You”はジャズ・バラードみたいな風格もあって、”I Think It’s Going To Rain Today”の続編のような雰囲気を感じた。